アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ヨガとバレエ」アーチの作り方

<<   作成日時 : 2017/05/18 09:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

アプロフトをご覧のみなさまこんにちは♪

お久しぶりでござる。

angelpieです


いつもバレエファンを唸らせる素敵な記事を書いて下さっている

担当の さんに代わりまして、今日はヨガとバレエの話を。



「ヨガ」と聞くと、みなさんは「身体が柔らかくなりそう」とか

「リラックスできそう」といったイメージを持たれるかと思います。


そういった面ももちろんありますが、

実はバレエを踊るのにも本当に役立つことが満載。


もともとストレッチはヨガの哲学的な部分とかを

ばっさり切って、フィジカルな部分だけをクローズアップ

させたものですから、ヨガ=ストレッチではありません。

ストレッチ<ヨガ みたいな。



アプロンでも朝のさわやかヨガクラスをKAYA先生が

してくださっていると思いますが、

ヨガでまず基本的な身体のアライメントを整えていくと、

バレエでもそれが応用できる!

経験した人は既に気付かれているでしょう。




土台が大事。



ということは頭ではわかっていても、ターンアウトしなきゃ、

つま先伸ばさなきゃ、引き上げなきゃ、

いろいろやることありすぎて、ラビリンスへ。


いったん、パラレルに戻り、人間のもともとの無理のないポジション

で土台を強くしていくと、なんだ、そういうことか!

もっと早く知りたかったよ、と思ったり思わなかったり。



それをターンアウトで応用すれば良いだけなのです。


更に、ヨガではポーズをとることで、自分自身の今の身体の

状態と、心の状態、もっといえば、自分のココロやカラダの癖

浮き彫りに。


ごまかしてやってるふりしても自分のために何もならないので、

弱いところをダイレクトに思い知ります。


うすうす感じてたけど、自分はここが弱いんだな、という

ことが、ただ、ヨガをするだけでわかります。



言葉だけではangelpieうさんくさいと思われるので、

例を挙げましょう。



足のアーチ。

縦のアーチと横のアーチがありますね。


無理な足首だけのターンアウトは土踏まずがつぶれて

小指側が浮いたりしますが、

この、アーチを簡単に作る方法があります



@まず、パラレルで立ちます。

というと、バレエの人はたいてい、親指同士の間と、かかとを揃えて立ちますから、

つま先が少し外を向きます。

これが既にパラレルではない場合が多いです。



中足骨に注目しましょう。

余談ですが、この中足骨、特に人差し指は

こどもの頃からバレエをやっていてポアントを履いている

バレエダンサーは、一般の人に比べるととても太いそう。




画像


中でも、人差し指の中足骨が左右でパラレルになる位置。

これが自分の正確なパラレルです。



え?これって内足じゃないの?

と思ってしまうくらい。


その時に膝のお皿が正面を向いていることも同時にチェックする

大切なポイントです。



あー、ただ立つだけでこんなにいろいろ・・・

と言わずに、さぁ、アーチ作りますよ!




A足指を一度床から離します。

B拇指球で床を踏みます。

画像





C内くるぶしの下で床を踏みます。

Dそれらを維持したまま、小指球を踏みます。

E外くるぶしの下を踏みます。


ちょうどローラースケートを履いて、均等に床に体重をかけた感じ

ですが、人の足は小指側に倒れやすいので、

内側に体重をおく意識が少し強い方が良いでしょう。


でも、基本は4点でとらえます。


細かいことをいえば、横のアーチ1本、縦のアーチが内と外で1本ずつ。


それが確認できたら、そっとあげていた指先を床におろします。




あ、まだおろしていいって言ってないですからね。

誰ですか?もうおろしてたのは。



足裏ひとつとっても本当に解剖学的に納得のいく方法で

トレーニングしていけますから、足首、脛、大腿骨、

脊柱や肩甲骨など、アライメントを整えて、

その姿勢を維持するのに必要な方向性をマスター

すると、ちょっとした自分革命が起こるかも知れません。



また、呼吸など、生理学的にも身体をコントロールする方法

が身につくと、より、楽しいですよ。




現在、バレエのこどものためのヨガメニューを作り、

使用前、使用後を実感してもらうことをしていますが、

バレエを長くやっていらっしゃる方のほうが、

実感度は高いようです。



ただし、ヨガだけしててもバレエは踊れるようにはなりませんから、
やっぱりバレエ特有の使い方はバレエで。


もし参考にしていただけたら幸いです。


画像



angelpie

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ヨガとバレエ」アーチの作り方 アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる