アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


傘を探しています!

2017/05/30 12:46
アプロンの皆様にお尋ね致したく…

先ほどの掲載に誤りがありました。下記が正しい内容です。
申し訳ありません

5月13日(土)のベビークラスで、生徒さんのお母様が持ってきていた黒い傘(柄の部分に○○cmと記載されたシールが貼ってあるのが特徴です)をどなたかが間違えてお持ちになってしまったようで、紺色のこの傘が残っていました。

柄の部分と傘をまとめるリボンの部分に "ellesse" のマークが入っています。
この紺色の傘と間違えて黒い傘をお持ちになってしまったのではないかと思われます。

画像


画像



ベビークラス、児童クラスの方に確認したところどなたも心当たりが無いようですので、大人の生徒さんが間違えてお持ちになってしまったのかもしれません。
5月13日(土)はカンパニーミーティングが行われた日なので、特にカンパニーの皆様、土曜日のフリークラスに出席された生徒さん、今一度ご確認頂けましたら有難いです

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、皆様一度ご自宅の傘をご確認頂けましたら幸甚です

お心当たりの方がいらっしゃいましたら、スタジオにご連絡ください

どうぞ宜しくお願い申し上げます


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエ関連番組の放送予定(ローザンヌ) 6月3日(土)

2017/05/30 08:29
バレエ関連番組のテレビ放送予定です。

6月3日(土) 15:00 - 17:00 NHK Eテレで、第45回ローザンヌ国際バレエコンクール決選の模様が放送される予定です。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-06-03&ch=31&eid=19630&f=3022

画像



画像

(写真:ローザンヌ国際バレエコンクールHPより)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


色々な舞台

2017/05/28 18:45
バレエはスペースがあれば、床を多少選びますが、踊ることができます。
大きくても、小さくても、舞台があれば成立するバレエ。

以前ご紹介しましたが、ピアノの発表会の場で、ピアノとフルートの生演奏の伴奏でバレエを披露した美々先生

http://s.webry.info/sp/aplomb.at.webry.info/201702/article_14.html

画像


ピアノの発表会に来てバレエを見られたお客様には素敵なサプライズ
きっと初めてバレエを見た、という方もいらっしゃったのではないかしら…

画像

(写真はアプロンHPアルバムより)


先日は、絵本の原画展で元カンパニーメンバーの霞さんがバレエを踊るのを拝見しました。

画像


画像


とても小さい舞台
霞さんらしい優しい、慈愛に満ちた踊りが披露されました。

画像


舞台裏にはこの方のお姿もありました。誰でしょう
勉強会で、毎年大変お世話になっています

画像


色々な舞台でバレエを通じてご自身を表現し、バレエを通じて沢山の人の心を潤してくれている N. Otani ballet company のメンバー&OGの様子をご紹介致しました

画像



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


勉強会ってどんな会!?

2017/05/28 00:27
勉強会の参加申し込みが始まっています

勉強会って一体どんな会なの
発表会と何が違うの

参加したことが無い方にはよくわからないと思いますので、過去、参加者にアンケートをとった時の回答を元にご紹介していきたいと思います。

勉強会は、自分で演目を選んでエントリーして、決まった回数のリハーサルの中で課題と向き合います。

過去の参加者の方たちはどんな理由で作品を選んでいるのでしょうか

苦手なテクニックが盛り込まれた踊りに取り組んで、苦手意識を克服したかった。

初めて見て衝撃を受けて以来ずっと心の隅にあった作品。憧れている作品ほど挑戦するのに勇気がいるが、挑戦しないで終わらせてしまうより良いと思った。

表現としてのバレエに憧れを持っていたので。

以前踊った時には役を掘り下げる余裕がなかったのでリベンジ

とても好きな場面で、勉強会でなければ踊る機会がないので選びました。


皆さん色々な理由で作品を選んでいます。

憧れの作品に挑戦できるのは勉強会ならではです。
バレエを始めるきっかけとなった作品、憧れている作品など、せっかくの踊る機会 是非挑戦してみてはいかがでしょうか?
きっと色々と勉強になったり、バレエについてもっと考えたり、バレエを楽しむことが出来たり、様々な経験ができると思います。

参加者の方々も勉強会で多くのことを感じています

自分で作品を選ぶので、練習に入るときからどのように踊りたいか、何を練習したいか明確な目標があるところが勉強会の良さそしてスケジュールを自分で組み立てられるので、仕事や家庭などとも両立し易い。

発表会では大きな作品を取り上げるので貴重な体験と感動が得られ、幸せな経験をさせて頂いていると思う。一方、勉強会は一つの演目に集中できるところがとても良いと思う。

みんなリハーサルの時からイキイキと踊っていて、本番も輝いてる

勉強会は個人レベルの戦いという感じ。意識を高く持てば持つほど、勉強になる

初級者にとっては、振りを覚え、音をとり、舞台の使い方も考え、一人で舞台に立つことが本当に勉強になる。

勉強会の練習が普段のレッスンを見直すきっかけになった。

いつもは舞台で踊っている人が裏方に回って支えてくれたり、舞台監督や照明の先生方が助っ人に来てくださったりと、勉強会ならではの温かさを感じます

そしてスタッフ側から勉強会を見た方からはこんな感想を頂いています

あまりヴァリアシオンを踊るチャンスがない人も、一生懸命挑戦している姿は清々しくうつる。また勉強会は客席がより温かな目でみてくれるので、踊り手は「踊ることが楽しい」というスタート地点に立つことができる。


アプロンでバレエを習っている理由はきっと様々。
美容と健康のためにレッスンだけで十分 と思っていらっしゃる方も、発表会はリハーサルの時間が取れなくて参加できないという方も、勉強会という小さい舞台で舞台芸術であるバレエを是非一度経験してみてはいかがでしょうか?

普段のレッスンで先生が仰っていることはこういう事だったのか、と目から鱗が落ちたり、作品の中のできない部分を克服するためにここを注意してレッスンしよう、とモチベーションが上がったり、はたまたもっとバレエが好きになったり

舞台に立つことで、きっと今まで見えていなかったバレエの奥深さを感じることができるのではないかと思います

そして参加の動機はどんなものでも、参加された方が楽しく踊ることができれば勉強会は本望だと思います

画像





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


厳しく!楽しく!

2017/05/26 12:33
こどもクラスのレッスンは、ベビー科と児童科は城先生と水戸部先生が、中等科は大谷先生と古村先生が担当されています。

鉄は熱いうちに
ということで、レッスン中はとても厳しい指導が聞こえてきます。

ストレッチもきっちり!

画像


画像


画像


でもレッスンが終わるとノーサイド
この日は5月だというのにとても暑かったので、みんなアイスで心身ともにクールダウン中。

画像



画像


厳しく、楽しく

お仕事でカナダに出張されていた古村先生も戻っていらっしゃいました。

画像


この日のレッスンは、少〜し普段と違ったアンシェヌマンがあったりして、カナダの香り〜と勝手に思いました。

レッスンでは既に大量に汗をかく季節です。

レッスン中の水分補給など熱中症には充分に気をつけましょう!

熱中症予防には、水分、塩分、ミネラルの3つを摂取することが必要なようです。
http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/training/news/detail/27_007491.html

そして汗対策もお忘れなく!
http://aplomb.at.webry.info/201205/article_7.html

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レッスンで役立つバレエ用語 〜間違い易いポイント〜

2017/05/24 12:27
バレエ用語は星の数ほどあって全てを覚えるのは難しいですが、レッスンで繰返し出てくるバレエ用語は是非覚えておきたいです。
今回は基礎クラスのレッスンでよく出てくる、そしてアンシェヌマンを出される時に注意して聞いておかないと間違い易いポイントに出てくるバレエ用語を集めてみました。

ピケ
ピケ(pique)は、「刺す」という意味で、片足を伸ばして、かかとを床につけずに直接爪先(ポワント又はドゥミ・ポワント)で立つことです。

ルルベ
ルルベ(releve)は、「持ちあげる」という意味で、ア・テールからポワント又はドゥミ・ポワントにかかとを上げることです。

ピケとルルベは、アラベスクに立つ時や回りものなどの時にどちらを指定されるか、結構肝い部分です。
そしてこれを間違えると音を止められる可能性もですのでどちらを指定されたか、区別が必要です。

トンベ
トンベ(tombe)は「落ちる」という意味。
片方の脚に体重をのせて、もう一方の脚を上げている状態から、上げている脚を床におろして体重移動をすると同時に、もう一方の脚を床から離す。
って言葉にすると難しいですね。一方の脚からもう一方の脚への重心移動があることと、その時に上から重心を落とす、っていうのがポイント…?

シャッセ
シャッセ(chassé)は「追いかける」という意味で、両足を同時に床から離さないで、一方の足を他方の足が追いかけるように行います。

トンベ → パ・ド・ブレ
シャッセ → パ・ド・ブレ
トンベ → アッサンブレ
シャッセ → アッサンブレ

などセンターレッスンで指定されることが多いので注意が必要です。
シャッセからシェネに入るか、ピケからシェネに入るかなども要注意ですね。
他にも、ローリングアップとルルベアップ、ピケなどに出す脚、脚を出す時にクペを通って出すか、クペを通らずタンジュ、デガジェを通して出すか、指定されることが多いので区別が必要です。

フリークラスなどでは事態は更に複雑になり、トンベしてルルベからのランベルセか、ピケからランベルセか、とか色々…
ランベルセって何?と思われた方は、スタジオで先生に質問してみましょう

という風にパを明確に理解して区別することは、バレエを練習する上で一生ついて回ります。

間違い易そうな部分、区別が必要な部分は、アンシェヌマンを出す時に先生方も説明、或いは強調して下さることが多いと思いますので、注意深く聞いておきたいです。

それにしてもパを言葉で理解するのは難しいですね
百聞は一見にしかずですので、レッスンの時によ〜く見てみてください。

(参考文献:川路明編著「バレエ用語辞典」)

この映像の2:49位のパがランベルセです





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


発表会の写真が出来ました

2017/05/21 13:26
久しぶりにangelpieさんが書いて下さった記事 「ヨガとバレエ」アーチの作り方

とっても参考になります

レッスンの初めに毎回あるパラレルポジションでのウォームアップとストレッチ、自分のパラレルはそもそもパラレルじゃなかった事が判明
早速人差し指の中足骨をパラレルに と改めました。

前置きが長くなりましたが、第19回発表会の写真が出来上がってきました。
受付にアルバムがありますのでご覧ください。
発表会のDVDの申し込みも受け付けています。

写真とDVDの申し込み締め切りは、6月25日です。


どうぞよろしくお願い致します

画像

(Angel Heart rose, Homage to angelpie)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ヨガとバレエ」アーチの作り方

2017/05/18 09:11
アプロフトをご覧のみなさまこんにちは♪

お久しぶりでござる。

angelpieです


いつもバレエファンを唸らせる素敵な記事を書いて下さっている

担当の さんに代わりまして、今日はヨガとバレエの話を。



「ヨガ」と聞くと、みなさんは「身体が柔らかくなりそう」とか

「リラックスできそう」といったイメージを持たれるかと思います。


そういった面ももちろんありますが、

実はバレエを踊るのにも本当に役立つことが満載。


もともとストレッチはヨガの哲学的な部分とかを

ばっさり切って、フィジカルな部分だけをクローズアップ

させたものですから、ヨガ=ストレッチではありません。

ストレッチ<ヨガ みたいな。



アプロンでも朝のさわやかヨガクラスをKAYA先生が

してくださっていると思いますが、

ヨガでまず基本的な身体のアライメントを整えていくと、

バレエでもそれが応用できる!

経験した人は既に気付かれているでしょう。




土台が大事。



ということは頭ではわかっていても、ターンアウトしなきゃ、

つま先伸ばさなきゃ、引き上げなきゃ、

いろいろやることありすぎて、ラビリンスへ。


いったん、パラレルに戻り、人間のもともとの無理のないポジション

で土台を強くしていくと、なんだ、そういうことか!

もっと早く知りたかったよ、と思ったり思わなかったり。



それをターンアウトで応用すれば良いだけなのです。


更に、ヨガではポーズをとることで、自分自身の今の身体の

状態と、心の状態、もっといえば、自分のココロやカラダの癖

浮き彫りに。


ごまかしてやってるふりしても自分のために何もならないので、

弱いところをダイレクトに思い知ります。


うすうす感じてたけど、自分はここが弱いんだな、という

ことが、ただ、ヨガをするだけでわかります。



言葉だけではangelpieうさんくさいと思われるので、

例を挙げましょう。



足のアーチ。

縦のアーチと横のアーチがありますね。


無理な足首だけのターンアウトは土踏まずがつぶれて

小指側が浮いたりしますが、

この、アーチを簡単に作る方法があります



@まず、パラレルで立ちます。

というと、バレエの人はたいてい、親指同士の間と、かかとを揃えて立ちますから、

つま先が少し外を向きます。

これが既にパラレルではない場合が多いです。



中足骨に注目しましょう。

余談ですが、この中足骨、特に人差し指は

こどもの頃からバレエをやっていてポアントを履いている

バレエダンサーは、一般の人に比べるととても太いそう。




画像


中でも、人差し指の中足骨が左右でパラレルになる位置。

これが自分の正確なパラレルです。



え?これって内足じゃないの?

と思ってしまうくらい。


その時に膝のお皿が正面を向いていることも同時にチェックする

大切なポイントです。



あー、ただ立つだけでこんなにいろいろ・・・

と言わずに、さぁ、アーチ作りますよ!




A足指を一度床から離します。

B拇指球で床を踏みます。

画像





C内くるぶしの下で床を踏みます。

Dそれらを維持したまま、小指球を踏みます。

E外くるぶしの下を踏みます。


ちょうどローラースケートを履いて、均等に床に体重をかけた感じ

ですが、人の足は小指側に倒れやすいので、

内側に体重をおく意識が少し強い方が良いでしょう。


でも、基本は4点でとらえます。


細かいことをいえば、横のアーチ1本、縦のアーチが内と外で1本ずつ。


それが確認できたら、そっとあげていた指先を床におろします。




あ、まだおろしていいって言ってないですからね。

誰ですか?もうおろしてたのは。



足裏ひとつとっても本当に解剖学的に納得のいく方法で

トレーニングしていけますから、足首、脛、大腿骨、

脊柱や肩甲骨など、アライメントを整えて、

その姿勢を維持するのに必要な方向性をマスター

すると、ちょっとした自分革命が起こるかも知れません。



また、呼吸など、生理学的にも身体をコントロールする方法

が身につくと、より、楽しいですよ。




現在、バレエのこどものためのヨガメニューを作り、

使用前、使用後を実感してもらうことをしていますが、

バレエを長くやっていらっしゃる方のほうが、

実感度は高いようです。



ただし、ヨガだけしててもバレエは踊れるようにはなりませんから、
やっぱりバレエ特有の使い方はバレエで。


もし参考にしていただけたら幸いです。


画像



angelpie

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


こどものためのバレエ公演

2017/05/17 12:43
子供のために企画されたバレエ公演のお知らせです
子供にもわかりやすく工夫されている公演です。チケットも控えめなお値段で、親子で楽しんでもお財布に優しい設定になっているようです。

新国立劇場こどものためのバレエ劇場

(新国立劇場のサイトより)
子どものうちにこそ、"本物"の舞台芸術をご覧いただきたい。
新国立劇場では毎年、"本物"の舞台に触れていただくためにお子さま向けの公演を企画しております。
今年の夏はダンス公演 小野寺修二 カンパニーデラシネラ「ふしぎの国のアリス」、バレエ公演 こどものためのバレエ劇場「しらゆき姫」と世界的童話をテーマにした2公演を上演いたします。
小野寺修二 カンパニーデラシネラ「ふしぎの国のアリス」はマイムの動きをベースにセリフを加え、ダイナミックな展開とシニカルな笑いを交えたストーリーで、大人もこどもも一緒に楽しめるダンス作品です。
こどものためのバレエ劇場「しらゆき姫」は、セリフをくわえてお子様にもわかりやすいよう工夫をしつつ本格的なクラシックバレエを楽しめるバレエ作品です。
大人になったとき、この夏の思い出が力になりますように。

小野寺修二 カンパニーデラシネラ「ふしぎの国のアリス」

http://www.nntt.jac.go.jp/dance/performance/151224_007948.html

公演日程
6月 3日(土)13:00
6月 4日(日)13:00 託児サービス利用可
6月 9日(金)19:00 託児サービス利用可
6月10日(土)13:00
6月11日(日)13:00

定価料金(税込)
A席大人5,400円/ジュニア4,320円/こども2,700円
B席大人3,240円/ジュニア2,592円/こども1,620円(座席選択可)
こどもは4歳以上小学6年生以下の方が対象です。
ジュニアは中学生の方が対象です。


こどものためのバレエ劇場「しらゆき姫」

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/performance/28_009653.html

公演日程
7月27日(木)11:30 / 15:00
7月28日(金)11:30 / 15:00
7月29日(土)11:30 / 15:00
7月30日(日)11:30 / 15:00

定価料金(税込)】
指定席 大人3,240円/こども2,160円
こどもは4歳以上小学6年生以下の方が対象です。

全日程託児サービス利用可


東京バレエ団による公演もあります。

http://www.nbs.or.jp/stages/2017/kodomo/

めぐろバレエまつり

眠れる森の美女

公演日:8月19日(土)
午前の部
開演 11:30(開場 11:00)
オーロラ姫:三雲 友里加
デジレ王子:岸本 秀雄

午後の部
開演 14:30(開場 14:00)
オーロラ姫:秋山 瑛
デジレ王子:宮川 新大

演奏は特別録音による音源を使用します。
上演時間:約1時間40分(休憩1回含む)
終演時間が前後する場合がございます。

バレエコンサート

「エスメラルダ」パ・ド・ドゥ
振付:ベン・スティーブンソン
音楽:チェーザレ・プーニ / リッカルド・ドリゴ 他
上野 水香
柄本 弾

「ジゼル」第1幕 パ・ド・ユイット / 第2幕 パ・ド・ドゥ
音楽:アドルフ・アダン
 第1幕 パ・ド・ユイット 改訂振付:ウラジーミル・ワシーリエフ
 第2幕 パ・ド・ドゥ 振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー
渡辺 理恵
秋元 康臣

「パリの炎」パ・ド・ドゥ
振付:ワシリー・ワイノーネン
音楽:ボリス・アサフィエフ
足立 真里亜
井福 俊太郎

「パキータ」
振付:マリウス・プティパ
音楽:レオン・ミンクス
主な出演者:二瓶 加奈子
宮川 新大

東京バレエ団ダンサーが創作した新作バレエ
「Choreographic Project U」

公演日:8月20日(日)
昼の部 開演13:30(開場13:00)/ 夕方の部 開演16:30(開場16:00)

演奏は特別録音による音源を使用します。
上演時間:約1時間40分(休憩1回含む)
終演時間が前後する場合がございます。


会場
めぐろパーシモンホール 大ホール(東急東横線「都立大学駅」より徒歩7分)

入場料(税込)
大人      中学生以下
S席 \5,000    \2,500
A席 \4,000    \2,000

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出来ない原因を探ってみると

2017/05/16 12:35
誰も期待していないかもしれませんが、落ち着いているときにレッスンを振り返る2回目です
今回は自分自身がレッスンで感じたことです。
大して参考にはなりませんが、少しだけお付き合いください

センターレッスンはいくつかのグループに分かれてアンシェヌマンを行うので、他の人のレッスンする様子を観察することが出来ます。

先日フリークラスで他のグループがレッスンする様子をいつもより念入りに見ていました。
というのも、一見そう難しそうに思えない5番の後ろタンジュからシュスに立つのが思いの外大変だったので、何が原因だろうと思って、色々な人をつぶさに観察しました。

スッと簡単にシュスに出来る方を見ていると、後ろタンジュの時からきちんと腰が5番になっているのに対し、自分のようにシュスに立つのにやや苦労している方を見ていると、後ろタンジュの時は腰が1番になっているようでした。
多分、腰が1番の状態から5番でシュスにするのは大変です。
あ〜そっかーと思って自分の番の時に腰を5番に!と注意して後ろタンジュにして、そこからシュスにしてみると、前よりもスムーズに

そもそも、5番の後ろタンジュをきちんと自分の後ろに出すようにレッスンでいつも先生方から注意されてますが、そのためには腰が5番になっていないとタンジュの脚は外れてしまう訳で…と、先生が仰る基本的な事は全部つながっていくんだな、と実感しました
レッスン中の先生方の注意を確実に実践していくことはとても大切ですね

今さら何言ってるの
と怒られそうですが、出来ない原因を探ってみると色々な発見があるものです。改めて感じました。
普段のレッスンを大いに見直すきっかけになりました

レッスンで毎回繰り返しているシンプルな事の中に、悩みの解決のヒントは転がっているものですね

画像

(アプロンにある5月のカレンダーの写真です

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月後半の代講のお知らせ

2017/05/16 00:35
5月後半の代講のお知らせです。

5月16日(火)  
18:00 - 19:30 高等科 大谷先生 → 津下(麻)先生

5月17日(水)
16:00 - 17:00 ベビークラス 水戸部先生 → 小谷野先生

5月18日(木)
17:00 - 18:30 中等科 古村先生 → 山内先生
19:30 - 21:00 中上級クラス 古村先生 → 山内先生

5月21日(日)
13:00 - 14:30 高等科 大谷先生 → 山内先生

5月24日(水)
16:00 - 17:00 ベビークラス 水戸部先生 → 小谷野先生

5月28日(日)
10:00 - 11:30 中等科(ポワント有り) 大谷先生 → 山内先生
13:00 - 14:30 高等科(ポワント有り) 大谷先生 → 山内先生
15:30 - 17:30 初中級クラス(ポワント有り) 松縄先生 → 山内先生

よろしくお願い致します。

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


成城フェアリー1周年記念フェア

2017/05/15 23:42
賛助会員の西三穂さんのオーガニックコットンのお店「成城フェアリー」が6月で1周年を迎えます。
イベント開催のご案内をいただきましたので、ご紹介をさせていただきます。

開店のときの記事はこちら
http://aplomb.at.webry.info/201606/article_12.html

人と人の繋がりを大切にし、「こころとからだが喜ぶほんものをみなさまと」…そんな理念をもつ成城フェアリー様が6月に1周年をむかえられます。
その感謝の気持ちが伝わるような素敵なイベントは以下の通りです。


〜ご購入一周年記念フェアー2017年6月2日〜12日〜
ご来店の方全員にコットンの種プレゼント
1万円以上後購入の方に素敵なプレゼント(先着50名)
中身の見えるお楽しみ福袋 1万円より各種(20個限定)



1周年記念特別イベント

6月2日(金)10:00〜茶話会(一宮庵)
 定員15名 締切5月29日(月)(定員になり次第終了) 税込2,000円(ランチ付)
オーガニックコットンの大手プリスティン社長 渡邊様、ブランドマネージャー奥森様と西様のランチ付トークショー。

6月8日(木)10:00〜自彊術体操(一宮庵)
 定員12名  締切6月1日(木)(定員になり次第終了)税込1,500円(お弁当付)
大正時代につくられた身体の約260個ある関節をすべて動かすことができる健康体操で「じきょうじゅつ」と読みます。小倉秀雄先生にご指導いただきます。

6月14日(水)11:00〜 お茶事の会(一宮庵)
定員7名  締切6月7日(水)(定員になり次第終了)税込6,000円
初心者向けに作法の手ほどきを受けながら茶懐石をいただき、お茶の世界を親しみます。亭主は齋藤文恵先生です。

6月20日(火)11:00〜 ハンドメイドの会(成城フェアリー)
定員6名  締切6月12日(月)(定員になり次第終了)税込1,500円
オーガニックコットンでマスクをつくります。

6月29日(木)13:30開場 14:00〜 ティータイムオペラコンサート(F*GICCO)
定員35名 締切6月22日(木)(定員になり次第終了)税込3,500円(ケーキセット付)
昼下がりにオペラの名曲を聴きながら自家製ケーキとコーヒーをいただきます。


一宮庵様HP: http://ikkuan.com/
成城フェアリー様HP: http://seijo-fairy.com/
F*GICCO様HP:  http://www.vanal.com/f/

人にも環境にも優しいオーガニックコットンのお店らしい素敵な企画ですね。
画像

以前キャミソールを購入したのですが、着心地はさらさら、そして優しい肌触りで、お洗濯を繰り返してもへたらず、品質の良さを感じました。

ご興味のある方は是非足をお運びください。

画像











記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


先生のイメージの伝え方いろいろ

2017/05/14 18:48
衣裳室の壁にこんな素敵なばらの絵が掛けられている事をご存知しょうか?

画像


花びらに透明感のあるところが好きで、大谷先生が飾られたそうです。
ルドゥーテという18〜19世紀に活躍したベルギー出身の画家が描いたばらの絵だそう。
こんな素敵なばらが似合う部屋が、先生の思い描くアプロンの衣裳室のイメージなのかも…

先生はレッスンやリハーサル中にイメージを絵画に例えて伝えて下さることがあります。

ちょっと食べ過ぎちゃったかな〜という日が続いた後のレッスンでは、容赦なくルノワールの裸婦みたいよー!と体型についての指摘が

画像


表情に難があるときには、ムンクの叫びみたいになってる!と・・・

画像


どんな衣裳を着ているイメージで踊って欲しいのかを伝えるときには、ボッティチェリのヴィーナスをイメージしてみて

画像


あれ ボッティチェリのヴィーナスは何も着ていませんね!
そよ風に吹かれてなびく長い髪をまとうような姿が、ふんわりと薄衣をまとうイメージでしょうか?

パ・ド・ドゥのリハーサルでは、クリムトの接吻の雰囲気で

画像


泉のように湧いてくる先生の豊かなイメージに、私たち生徒は、頭の中でムンクが叫んだかと思うと、ヴィーナスが風に吹かれて佇み、万華鏡のように目まぐるしく色々な絵が浮かんでは消えます。
絵画に例えるイメージはとてもダイレクトに伝わります

美しいものを追求する先生は、レッスンでももちろんを求めます。
衣裳室のばらの絵が話題になった日は、「ばらの花びらのように踊ってね」と仰っていました。
良い香りのするふんわりとしたばらの花びらのように踊れたらとても素敵です
そんなイメージを大切にしてレッスンすると、少しずつ近づいていけるのかもしれないです

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ライモンダのアダージオ

2017/05/12 21:35
発表会のリハーサルが進む中で、密かに練習が続けられていた作品があります。
純代先生と土方先生のライモンダのアダージオです

https://youtu.be/cRNKbz7FJTQ



純代先生というとキレのある足さばきの華麗なアレグロや軽快なジャンプ、ピルエットなどが思い浮かびますが、とてもしっとりしたライモンダのアダージオでは純代先生の別の面を見せて下さいます

こんな風に音楽とのハーモニーで踊れたら、そしてお二人の先生の作る空気がとても素敵だなぁと思います。
いつものアプロンのスタジオですが、照明やセットがあるように豪華な舞台に見えてきます

女性にも、男性にもとても勉強になります
みなさま是非ご覧ください
(映像の掲載にあたっては、純代先生、土方先生の許可を得ています。)



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエ関連番組の放送予定 5月21日(日)

2017/05/12 17:09
5月21日(日)、NHKで2つのバレエ関連番組が放送される予定です。


5月21日(日)NHK Eテレ 21:00 「クラシック音楽館」<NHKバレエの饗宴2017>
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/

1.「ナポリ」第3幕から(井上バレエ団)
振付:ブルノンヴィル
音楽:へルステッド、パウリ、ロンビュー
出演:宮嵜万央里、田中りな、源小織、速水樹里、荒井成也 ほか

2.「死の島 - Die Toteninsel」※新作初演(貞松・浜田バレエ団)
振付:森 優貴
音楽:ラフマニノフ
出演:瀬島五月、堤悠輔、東沙綾、水城卓哉、宮本萌

3.「テーマとバリエーション」(新国立劇場バレエ団)
振付:バランシン
音楽:チャイコフスキー
出演:米沢唯、福岡雄大 ほか

4.「眠りの森の美女」から第3幕(牧阿佐美バレヱ団)
演出・振付:ウエストモーランド
音楽:チャイコフスキー
出演:青山季可、清瀧千晴、ラグワスレン・オトゴンニャム ほか

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
指 揮:園田隆一郎
(2017年4月8日 NHKホール)


5月22日(月)【5月21日(日)深夜】午前0時20分〜4時00分
NHK BS プレミアム「プレミアムシアター」

http://www4.nhk.or.jp/premium/

英国ロイヤル・バレエ「アナスタシア」(0:22:30〜2:14:30)
振付:ケネス・マクミラン
音楽:チャイコフスキー、ボフスラフ・マルティヌー

<出 演>
皇帝ニコライ2世:クリストファー・サウンダース
皇后アレクサンドラ:クリスティーナ・アレスティス
皇女アナスタシア/アナ・アンダーソン:ナターリア・オシポワ
ラスプーチン:ティアゴ・ソアレス
マチルダ・クシェシンスカヤ:マリアネラ・ヌニェス
クシェシンスカヤのパートナー:フェデリコ・ボネッリ
アナの夫:エドワード・ワトソン ほか

<舞台美術>ボブ・クロウリー
<照 明>ジョン・B・リード
<管弦楽>コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
<指 揮>サイモン・ヒューイット

収録:2016年11月2日 コヴェントガーデン王立歌劇場(ロンドン)


パリ・オペラ座バレエ「レイン」(2:17:00〜3:31:30)(再放送)
振付:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
音楽:「18人の音楽家のための音楽」 スティーブ・ライヒ 作曲

<出 演>
ヴァレンティーヌ・コラサンテ
ミュリエル・ズスペルギー
クリステル・グラニエ
パク・セウン
レオノール・ボーラック
アメリ・ラムルー
ローラ・バッハマン
ヴァンサン・シャイエ
ニコラ・ポール
ダニエル・ストークス

<歌>シナジー・ボーカルズ
<アンサンブル>アンサンブル・イクトゥス
<指 揮>ジョルジュ・エリー・オクトール

収録:2014年10月18日、21日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お花の饗宴

2017/05/09 12:40
発表会後華やかにスタジオの入り口を飾ってくれていたお花たち
発表会当日は会場の入り口でお客様をお迎えしてくれていました
(写真撮影・提供:北村佐紀子先生

画像


神秘的な色合いのお花。

画像


画像


元気をくれる明るい色合いのお花。
画像


画像


ほっと和ませてくれる優しい色合いのお花。

画像


画像


画像


画像


画像


お花がある空間はとても優しく華やいだ空気になりますね。
画像


画像


そして美しいものには力を感じます
画像


踊りの中で一箇所でも人を惹き付ける美しさが出せたらいいですね。

こんな素敵なお花がお迎えしてくれたお客様がご覧になった私たちの踊りは、お花に負けないくらいの華や輝きがあったかなぁ、とちょっと心配になりましたが…

画像

画像


たくさんの方が応援して下さる舞台で踊れたことに感謝して、今回の舞台での反省点を生かして次の舞台に臨める様にレッスンに励みたいですね
画像


5月13日から勉強会の申し込み受付が始まります。
この演目を踊ってみてはいかがですか?というメールをある生徒さんから頂いたのですが、というお問い合わせがありました。アドバイスを頂くのはとても参考になります
ただ、勉強会の演目はあくまでご希望を尊重するのが原則ですので、詳細はスタジオの掲示をご覧下さい
そして勉強会についてのご質問がありましたら、大谷先生までおたずねください

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月6日&7日のレッスン予定

2017/05/05 17:53
連休中、とても気持ちの良いお天気が続いていますね

5月6日と7日はアプロンは通常通りにレッスンがあります

5月6日(土)
10:30 - 12:00 基礎クラス    築島先生
12:15 - 13:45 フリークラス   大谷先生
14:45 - 15:45 ベビークラス  城先生(アシスタント:山内先生)
16:00 - 17:15 児童クラス    城先生
17:30 - 19:00 初中級クラス  大谷先生

5月7日(日)
10:00 - 11:30 中等科      大谷先生
13:00 - 14:30 高等科      大谷先生
15:30 - 17:30 初中級クラス(ポワント有り)  松縄先生


よろしくお願い致します




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GW中のアプロン

2017/05/04 15:45
祝日レッスンの後に、アプロンOGの貴ちゃんが昨年末に生まれた赤ちゃんを連れて、スタジオに遊びに来てくれました
とっても可愛い元気な男の子です

子供達のアイドル純代先生と記念撮影
画像


純代先生のお世話になってアプロンで成長した子供達で10年後に同窓会ができるかも、っていうくらい、いつもアプロンでレッスンしているお母さん達を助けて、子供の面倒をみて下さっている純代先生です

画像


同窓生の1人、今はもう中等科でレッスンをするまでに成長した咲希ちゃんに赤ちゃんの抱っこの仕方を伝授する純代先生。
画像


すっかりお姉さんになった咲希ちゃんと記念撮影。
画像


綾香先生にも抱っこして貰いました。大きくなったら、バレエが上手になりますように
画像



貴ちゃんがアプロンに再び戻って来てくれて、もう一度ちびっこ小人村(アプロンの中で小柄な生徒数名がよく発表会で一緒に踊っていたので、このようなグループ名が付けられています)で作品を作りたいわぁ、と大谷先生は夢を語っていらっしゃいました。実現するといいですね

スタジオに、休日ならではの和やかな時間が流れました

画像



記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


上達のヒント 〜まずは大きく動いて音についていく〜

2017/05/01 12:55
発表会も終わって、スタジオも通常レッスンに戻りました
ゴールデンウィークでお仕事がお休み、という方も沢山いらっしゃると思います。

落ち着いているこの時期、少し過去のレッスンを振り返って思い出したことをメモしておきたいと思います。

少し前、去年の秋くらいだったかも、のフリークラスで難しいアレグロのアンシェヌマンが出て、全員四苦八苦ということがありました
冒頭の言葉はその時の先生の言葉です。(細かいところはちょっと違ったかもしれません。)

動きが小さくなると、自分でも何をやっているのか段々わからなくなってきてしまいますし、音から遅れてくると余計に何だかわからなくなってきます
でも音についていくためにパを端折ってしまっては本末転倒で練習になりません

大きく動いてパをはっきりと正確にやるようにして、それで何としても音についていこう、っていうことを繰り返しているうちに出来るようになっていくのかなぁ、と
そして作品のリハーサルなどでは、まずは大きく動いて音についていくことから始めて、リハーサルを繰り返すうちに次第に踊りがまとまっていく…とも仰っていたように記憶しています

先生方の言葉には上達のヒントがたくさん散りばめられていますね
そして綺麗だな、と思う人のレッスンを観察することもとても参考になります

ゴールデンウィーク中もアプロンでは休日レッスンを開講しています
詳しくはこちらをご覧下さい。

http://aplomb.at.webry.info/201704/article_13.html

J先生のSNSで教えて頂きました。5月1日はすずらんの日だそうです

画像



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる