アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「バレエ」のブログ記事

みんなの「バレエ」ブログ


第8回勉強会 〜バリエーションを踊ろう!〜

2018/05/23 12:28
勉強会の参加募集が始まりました

今回の勉強会では土曜日の築島先生の基礎クラス前の時間帯(9:30頃 〜)に築島先生指導のリハーサル、火曜日の城先生の基礎クラス後の時間帯(22:00頃 〜)に城先生指導のリハーサル、のご希望も受け付けています。

毎週純代先生や城先生の基礎クラスでレッスンを続けている方、この機会にバリエーションを踊ってみませんか?
1人で1曲踊るのは大変ですが、とても勉強になります。多分、3ヶ月のリハーサルで1年分のレッスン以上の事が学べると思います

バリエーションは星の数ほど沢山種類があります。
少し例を挙げてみると・・・

ジャンプ満載の作品
キトリの友人




パドブレ満載の作品
鷹揚の精




役柄から選んでも。
姫役
フロリナ姫




妖精系
やさしさの精




キュートな役
キューピッド




村娘系
ペザント



キャラクターもあります。
壷の踊り



ルースカヤ



複数で踊る作品もあります。
海と真珠




作品を選ぶのも楽しいと思いますし、どんな作品を選べば良いのかわからない、という方は純代先生や城先生に相談してみてください。
普段みなさんのレッスンを指導されているので、どんなバリエーションを選べば良いか確かなアドバイスを頂けると思います

バレエの楽しさも広がって、レッスンのモチベーションもきっと上がります
舞台で踊ることができるせっかくの機会です。
普段のレッスンの成果を一つの作品で表現してみませんか?

皆様のご参加をお待ちしています



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リーズの結婚(ラ・フィユ・マル・ガルデ)

2018/05/16 12:32
先にお知らせしました、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団公演「リーズの結婚」のお得なチケットの情報に続いて、リーズの結婚のお話です

リーズの結婚はバリエーションがとても有名ですが、全幕上演される機会は多くはなく、作品についてあまりご存知でない方も少なからずいらっしゃると思いますので、この機会に調べてみました。

リーズの結婚は邦題で、別名ラ・フィユ・マル・ガルデ(La Fille mal gardée)。
1789年7月1日にフランスのボルドーで初演された作品です。フランス革命が起こる直前です。
現存するバレエ作品としてはジゼルと並んで最古のバレエ作品とされています。

作品は、ピエール・アントワーヌ・ボドゥインの絵画に着想を得た当時人気の振付家ジャン・ドーベルヴァルによって振り付けられ、制作されました。
この絵画です

画像


公演は成功を収めましたが、この初版は失われています。初演時の題名は 『藁のバレエ、または善と悪は紙一重』(仏: Le Ballet de la Paille, ou Il n'est qu'un pas du mal au bien)でしたが、1791年にロンドンで再演した際にドーベルヴァルによって現在の演目名、ラ・フィユ・マル・ガルデと名づけられました。

その後様々な振付家によってリバイバルされてきたラ・フィユ・マル・ガルデですが、今回バーミンガム・ロイヤル・バレエ団が上演するのは、1960年にフレデリック・アシュトンによって振り付けられたものです。
アシュトン版は、リーズの母親シモーヌを男性が演じます。木靴の踊りや鶏の踊りなどもあり、コミカルな作品です

アシュトン版のあらすじです。(wikipediaより)



登場人物
リーズ:農家の一人娘
コーラス(コラ):貧乏だが魅力あふれる農夫で、リーズの恋人。
シモーヌ:リーズの母親。未亡人で娘とアランとの結婚を望み、コーラスとの仲を邪魔する。男性が演じるのが通例。
アラン:裕福な農場主トーマスの一人息子。とっぴな行動ばかりとるバカ息子だが、性格は純真。
トーマス:アランの父親で豊かな農場を所有している。リーズを息子と結婚させようとするが…。

あらすじ
舞台はフランスの田舎。季節は初秋

第一幕
農家の朝。鶏が起きて朝を告げる。
気持ちいい朝をむかえた寝巻き姿のリーズが飛び出してきて、コーラスの目に付くよう、ピンクのリボンを木の枝に引っ掛ける。程なくコーラスがやってきて二人は楽しく踊るが、シモーヌに邪魔をされる。今日はトーマスが息子アランを連れてやってくる日で、シモーヌは娘の縁談をまとめたいと思っているのだ。
程なくアラン父子がやってくるが、人より少々テンポのずれたアランは、間抜けな行動ばかりをして皆をあきれさせる。とりあえず一行はトーマスの馬車で収穫真っ只中の畑にでかける。

畑では農夫達が楽しげに収穫している。
母親の目を逃れたリーズは皆に見守られながらコーラスと愛を語る。シモーヌが娘の密会現場をおさえようとするが、コーラスとリーズの仲を応援する農夫達にごまかされて、村娘達とご自慢の「木靴の踊り」を披露する。そこへ嵐がやってきて、アランが飛ばされていってしまうのが見える。

第二幕
シモーヌの家。雨に見舞われたシモーヌとリーズ母子が家に駆け込んでくる。リーズはまたも母親の目を盗んでコーラスに会いに行こうとするが、それを阻止しようとする母親は扉に鍵をかけ、その鍵を自分のポケットにしまいこむと娘を出て行かせないために糸巻きを始め、娘を手伝わせる。だが、やがて寝込んでしまい、リーズは窓から身を乗り出してコーラスと愛を語る。シモーヌが目を覚ました時に、農夫達が収穫した大きな麦束を運んでくる。それを確認したシモーヌは娘とアランとの結婚を強引に進めるためにリーズを家に閉じ込めて、アラン父子と公証人を呼びに行ってしまう。

閉じ込められて落ち込んだリーズはコーラスへの愛と彼と将来築きたい家庭について空想するが、実はコーラスは先ほど運ばれた麦束に隠れており、一部始終を見て喜んで飛び出してくる。かくして二人は愛を誓うが、折悪しくシモーヌが戻ってきたので、リーズは自分の部屋にコーラスを匿う。
娘の不自然な態度を警戒したシモーヌはリーズを部屋に閉じ込めて、結婚式のために公証人と農夫達を家に呼ぶ。やがてアラン父子がやってきてリーズの部屋を開けさせるが、そこには花嫁衣裳を着たリーズがコーラスと手を取り合っていたので、大騒ぎとなる。
二人を見た公証人はコーラスとリーズこそ結婚させるべきだとシモーヌを諭し、ついに母親は折れてコーラスを娘の婿と認める。トーマスは激怒して結婚契約書を破り捨て、呆然としているアランを引き連れて憤然と家を出て行ってしまう。

かくしてリーズとコーラスは皆に祝福されて結婚し、皆は大喜びで踊りながら家を出て行く。

無人になったシモーヌの家に、窓から怪しい人影が忍び込んでくる。それはアランだった。彼は無くしたと思っていたお気に入りの赤い傘を見つけて、ご機嫌な顔で飛び出していく。



バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のリーズの結婚のお得なチケットについて、岡田裕子さんからお知らせを頂きましたのでこちらでご案内しています

http://aplomb.at.webry.info/201805/article_7.html

アプロンでは2010年の発表会でリーズとコーラスのグラン・パ・ド・ドゥを上演しました。
アプロンのリーズの衣裳

画像


シックで可愛い、とても素敵な衣裳です
昨年の勉強会ではスワニルダの衣裳として活躍しました。
勉強会でどなたかいかがでしょう?



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エファセのク・ドゥ・ピエの理想形

2018/04/18 12:28
花園のリハーサルでエファセデリエールのクドゥピエの脚を長く出して、と注意を受けることがよくあります。

多分、これが理想形かもしれません

画像


マリインスキーバレエの白鳥の湖「湖畔の場」の写真です。
美しいですね

以前アプロフトで身体の向きについての記事を載せたことがありますが、花園では円周に対してエファセというのがあり、これがなかなか難しいように感じましたので、おさらいです!

http://aplomb.at.webry.info/201701/article_15.html

ご存知のとおり、バレエには8つの方向があります。
各方向には番号が付いていて、この番号がメソッドによって違うようですが、アプロンではワガノワの方向を採用していてスタジオにいつも方向を示す紙が置いてあります。

これが円周で、となるとその応用編となり途端に混乱してきますが、円周になっても、どこが自分にとって“1”(正面)になるかを考えると分かり易くなると思います。

画像



円に並ぶ時、みんなのかかとで円周を描いていく場合、おへそが円周上にある場合、刺身になって円周を描く場合、など色々あります。
まずは円周に対してどのように自分が立つのか、を正しく把握することが大切だと思います。
それが曖昧なまま身体の向きを考えてもあやふやなままに終わってしまいます。
正しく把握した上で、どの方向が自分にとって“1”(正面)の方向になるかを確認すると、エファセ、クロワゼ、エカルテなどのポジションを考えるのがシンプルになるように思います

少し脱線しますが、空間で自分の位置や方向などを把握する空間認識能力、一般的に男性の方が女性より優れているそうです。

その昔、雪のコールドのリハーサルで、十字になるところ、スタジオが狭いので十字を真中から切って二つに分けて正面を変えてとやってみてと先生に指示された時、私たちは一瞬何がどうなったか把握出来ずに右往左往していると 
「なんでー 半分に切って正面変えただけじゃない
とO先生は若干切れ気味でした
空間認識能力の男女差を実感しました。

この映像(ラ・シルフィード)の20秒位〜30秒位、円周上でクロワゼになっています。




花園のお花たちで美しい花園を表現したいですね



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018年のバレエ公演

2018/04/11 12:15
スタジオで世界バレエフェスティバルのパンフレットを目にしました。
今年は世界バレエフェスティバルの年なんですね。他にも沢山のバレエ公演が予定されています。
ゴールデンウィーク以降のバレエ公演についてまとめてみました。

4月30・5月3・4・5・6日
新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」

5月9・10、12・13・15日
ウィーン国立バレエ団来日公演
「ヌレエフ・ガラ」「海賊」(ルグリ版)
*この公演のチケットは、割引のご案内がスタジオに掲示されています。

5月15、18〜20、25〜27日
英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団来日公演
「眠れる森の美女」「リーズの結婚」

6月9・10・16・17日
新国立劇場バレエ団「眠れる森の美女」

8月1〜5、8〜12、15日
世界バレエフェスティバル

11月上旬
新国立劇場バレエ団「不思議の国のアリス」

11月2〜4、9〜11日
シュツットガルトバレエ団来日公演
クランコ版「オネーギン」「白鳥の湖」

11月28〜30、12月1〜3、5〜9日
マリインスキー・バレエ団来日公演
「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「マリインスキーのすべて」

本当にザッと目に付いたものだけのご紹介ですが、年末のマリインスキー・バレエ団来日公演が既に発売になっていて、びっくりしました。

https://www.japanarts.co.jp/mariinsky2018/index.html

「マリインスキーのすべて」というガラ公演では、レ・シルフィード(ショピニアーナ)、パキータなどが上演されます。


パキータは、以前とは衣裳など雰囲気が随分変わっているようです。

演目未定となっている作品もあり、他にもコンテンポラリーを含む小品が上演されるようです。
キーロフ・クラシックスのDVDをそっくりそのまま公演にしたような感じです。マリインスキーならではの作品が見られたら嬉しいですね




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


成長しました!

2018/04/10 12:24
昨年ベビークラスのお子さんの初舞台の時に、衣裳をモチーフにしたとても可愛いアイシングクッキーを作ってくれた竹下愛天菜ちゃんのママ。

http://aplomb.at.webry.info/201704/article_10.html

今年は、チャルダーシュダンスの衣裳をモチーフにしたとても可愛いクッキーです

画像


こちらが衣裳。そっくりですね

画像


1年経って昨年舞台に立ったベビークラスの子供達は心身共に大きく成長しています。
昨年はリハーサルの途中で泣き出してしまっていた子も、今年はリハーサル中はじっと涙を堪えて頑張っていました。
そして新たにたくさんの子供達が加わりました。
初舞台に臨む子供達。
2回目、3回目の舞台に臨む少しお姉さん、お兄さんになった子供達。
みんな一生懸命練習しています。

そして1つ上のクラスの児童クラスの子供達は、海賊より花園の場で中等科や高等科のお姉さんや大人たちと一緒にコール・ド・バレエに挑戦します。
大きな花輪を持って、主役のメドーラと絡むとても大切な役。
音をしっかり覚えて、場当たりもきちんと覚えて踊らなければなりません。
リハーサルではとても厳しい指導が続いていますが、長時間のリハーサルにもみんな集中しています

マルキタンカ パ・ド・シスは、大人と高等科の生徒が共演します。

画像


時と共にスタジオも少しずつ変化し、以前はあまり機会がなかった子供と大人の共演

20周年の発表会は、今までの発表会以上にアプロンが一つのスタジオとして舞台を作り上げていっています。
良い舞台にしたいですね

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1回のレッスンの重み

2018/04/09 12:37
先日レッスンの中で、水泳の平井コーチの話を伺いました。
平井コーチは日本のオリンピック水泳選手の殆どのコーチをしているそうです。

http://www.hirairacingteam.jp/column/09151502.php

練習に臨む姿勢として平井コーチが選手に話していることは、

二度同じ注意をされない。

他人への注意をよく聞く。

の2点だそうです。

たくさんのメッセージが込められた言葉だと思います。
バレエのレッスンに臨む時にも心に留めておきたい言葉です。
1回、1回のレッスンを大切に、毎回集中してレッスンを受けたいです。

本番が近づいてきて、リハーサルにも熱がこもってきました。

画像


新学期や新年度で環境が変わり、仕事や学校でも普段より疲れが溜まります。
体調管理に気をつけて、本番に向けてラストスパートをかけたいです。
全員が無事に楽しく本番を迎えられますように

大谷先生が思わず撮影された、というパンジーの写真です。
ビロードのような花びらの濃い紫がとても綺麗です

画像


スタジオ近くの花水木の花も満開になっていました。

画像


リハーサルの成果を舞台で美しく花開かせたいです

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエ「ガイーヌ」

2018/04/04 12:22
「ガイーヌ」というバレエを見たことがありますか?
週末の照明下見で バラの娘たちの踊り を初めて拝見しました。音楽に何となく聞き覚えがあるように感じましたが、ガイーヌは一度も見たことがない作品でしたので調べてみました。

ガイーヌは旧ソ連時代に作られたバレエで、原典版は政治色が強いもの(旧ソ連時代の集団農場コルホーズで真面目に働いていると幸せになれる、というメッセージが込められていました)だったようですが、その後改訂が加えられて政治的要素がほぼ無くなり、ロマンスを強調する作品となっているようです。

第2幕の狩に出かけるアルメンとゲオルギーのための祝宴で披露されるのが、バラの娘たちの踊りです。

作曲:ハチャトゥリアン
初演:1942年12月9日 キーロフ・バレエ団

<舞台>
アルメニアの山中にある村

<登場人物>
アルメン:ガイーヌの恋人
ゲオルギー:アルメンの友人。アイシェを慕う
アイシェ:アルメンとゲオルギーに助けられる娘
ガイーヌ:アルメンの恋人


あらすじ (改訂版)

プロローグ。
アルメンとゲオルギーは、山へ狩りに出かけた際に、意識を失っているアイシャを見つけて、彼女を助けます。その時、ゲオルギーは彼女の美しさに目を奪われます。

第1幕
村ではガイーヌがアルメンたちの帰りを待っています。
そこへ、彼らが気を失っているアイシャを運んで戻ってきます。
アイシャはガイーヌの家で意識を取り戻します。
アルメンがガイーヌに花束を渡そうとしたとき、アイシャはふざけてその花を取り上げると、アルメンもまたお返しに彼女を抱きしめます。それを見ていたアイシャに心を寄せるゲオルギーは、アルメンに対して嫉妬します。

第2幕
狩りを前にして祝宴が行われます。(この祝宴で披露されるのが、バラの娘たちの踊りです。)
祝宴の中、ゲオルギーは嫉妬からアルメンと喧嘩になります。そのような険悪な状態で2人は狩りへ出発します。
狩りの途中でアルメンは足を滑らせて、宙づりになりますが、ゲオルギーは助けようとせず、アルメンは転落し怪我をして失明してしまいます。
その後、アルメンは狩人に助けられて村に戻ります。ガイーヌは踊りを踊ってみせるのですが、アルメンには見ることができません。
ゲオルギーは失明したアルメンを見て、彼を見捨てたことを後悔します。

第3幕
ゲオルギーはアイシャに全てを打ち明け、アルメンに謝ることを決めました。
収穫祭が訪れ、アルメンは自分の目の包帯を外したところ、奇跡がおこり目が見えるようになりました。
そこへゲオルギーが登場し、アルメンに謝罪し、アルメンは彼を許し、全員で喜びの踊りを踊り幕となります。

この映像の初めの3分位が、バラの娘たちの踊りです
発表会では2人で踊りますので、この映像とは踊りは異なります。



マリインスキーバレエ団によるガイーヌ全幕の映像です。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


N. Otani ballet company

2018/03/30 23:04
N. Otani Ballet Company をご紹介致します

なぜ急に…

発表会のチラシやプログラムを見ると、顔写真や名前の記載が N. Otani ballet company と バレエスタジオアプロンで分かれていますが、実際にスタジオでレッスンやリハーサルをしていてもN. Otani ballet company がどんな存在なのかあまりよく分からない、かもしれないのでこの機会にご紹介したいと思います。

N. Otani ballet company (以下、カンパニー)は2005年に発足しました。

2005年にはくるみ割り人形全幕公演を旗揚げ公演として行ないました。
その後、2006年、2009年、2010年に公演を行いました。

画像


画像


画像


現在進行中の発表会のリハーサルではミストレスを団員が務めている演目もあります。
花園の場の弥鶴先生はじめ、ファランドール、白鳥の湖第一幕よりパ・ド・トロワ…
ベビークラス、児童クラスの作品は城先生が中心になってリハーサルが進められています。

外部の舞台に出演して活動の場を広げている団員もいます。
昨年こちらでもご紹介しましたが、美々先生はお友達のピアノ教室の発表会で生ピアノとフルートの演奏に合わせて 祈り を踊りました。
様々な機会にバレエの素晴らしさをお伝えするのもカンパニーの活動の一つです。

綾香先生もいつも複数の舞台を掛け持ちして沢山の舞台を踏み、そこでの経験をレッスンやリハーサルを通してアプロンのみんなに刺激として伝えて下さいます。

またご自身でバレエ教室を主宰して、バレエの指導に尽力している団員も複数います。
今回の発表会では、団員の1人、麻里亜先生のスタジオの生徒さんも友情出演されます。麻里亜先生も踊ります

カンパニー&アプロンの賛助会会員になってくださっている手寄バレエスクエアさん。
福井に拠点を置くバレエスタジオです。
毎年東京で行なわれるコンクール出場の際にアプロンでレッスンを受講して下さいます。先日もフリークラスに2人の生徒さんが出席してくれました。
そして発表会後のGWには純代先生が手寄バレエスクエアさんに出張してレッスンを行なうことになりました。
3〜4レッスン行うことを予定しているそうです。
純代先生は気に入って貰えるかしら?と心配していらっしゃいますが、先生のとても楽しくて、分かり易くて、ちょっと緊張感をもって臨める飽きさせないレッスンは絶対みんなに気に入って貰えること間違いないですよね
こんな交流を行なえるのもカンパニーがあるからこそだと思います

バレエの指導だけではなく、スタジオの運営に欠かせない事もカンパニーで担当しています。

例えば衣裳のこと
バレエのことがわかっていないとなかなか管理出来ないので、これもカンパニーで担当しています。
他にも、音源のことやタイツやメイクのこと、保護者会や賛助会員になって下さっている方への連絡…日々、スタジオでレッスンをつつが無く行ない、発表会や勉強会を行うためには細かいことが沢山ありますが、それも大谷先生のご指示の下、カンパニーが中心になって進めています。
もちろんカンパニーだけでは行き届かないところも多々あり、APSの方やアプロンの方にも助けて頂いています。

先日のレッスンでは先生よりレッスンやリハーサルの姿勢について苦言を頂きましたが、カンパニーはレッスンやリハーサルでは模範となる受講態度であるように!!と心掛けています。なかなか上手くいかないこともありますが、みんなそういう心積もりでいます

学業や家事、育児、仕事などと両立させながら、日々レッスンして、舞台に立ち、スタジオの運営にも携わっているN. Otani ballet company。
団員、準団員それぞれのバレエに対する考え方や立ち位置などは様々ですが、その原動力はバレエが好きということ。
そして Ballet company を名乗るからには、バレエ技術の向上を常に目指していることはもちろんです。

毎月1回主宰の大谷先生の下でミーティングを行い、スタジオの運営について様々な議題について話し合い、アプロンの方にとってはもちろん、カンパニーにとっても大切な稽古場であるアプロンが、少しでもレッスンし易い場、魅力的なスタジオであり続け、そしてより良いスタジオを目指していけるよう努めています。
N. Otani ballet company について少しご紹介致しました。

画像




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


テーラー麻衣先生のレッスン

2018/03/29 09:47
毎週第3水曜日のフリークラスはゲスト講師のテーラー麻衣先生のクラスです
平日昼間なのでなかなか出席出来ないという方が多いのですが、先日3月21日は祝日だったため、普段出席出来ない方も沢山出席しました

画像


麻衣先生はワガノワバレエ学校のご出身で、本場ロシアのワガノワバレエのとても美しいお手本を見せて下さいます。

画像


流れるような美しいラインに憧れますね

その後大谷先生から麻衣先生のレッスンについて、
「みんな脚しか見てない。麻衣先生はアームス、上体、脚、ぜーんぶ使ってるのを見てない。」
とお話がありました
そうですね。
バレエは脚だけにあらず。全身を使って踊れる身体をつくっていきたいですね。

麻衣先生というと、以前山路瑠美子バレエ研究所新人の会で拝見したパキータエトワールのバリエーションが忘れられません。
キラキラしていました

少し前にライモンダの記事でリンクを張りましたが、改めて。
麻衣先生はこちらの映像でスペインを踊っていらっしゃいます。美しいランベルセ…



そしてレッスンに引き続いて行なわれた花園の場のリハーサルでは突然停電!

画像


画像


また
昨年10月の台風の後にも停電が… 
今回は雪が原因?
と思っていたら麻里亜先生がブレーカーを操作して電力復帰さすが

画像


(以上撮影:大谷先生)

無事にリハーサルを続行できました。

先日の花園のリハーサル前に大谷先生から少しお話がありました。
怪我で残念ながら舞台を降りることになったMiyakoさんからのメール。
代役を引き受けてくれた方への感謝の気持ちと、周囲の方へのとても細やかな気遣いが綴られていました。
こういう風になれるといいよね、と
Miyakoさんの一日も早い快復と、また一緒に舞台に立つ機会をみんな願っています

発表会まで残すところ約1ヶ月となりました。
今週末は照明下見です。
良い舞台にしたいですね

画像


画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パ・ド・ブレの研究

2018/03/13 12:38
ポワントワークの基本の一つと思われる、パ・ド・ブレ。
トンベ、パドブレ…のパドブレと同じ名称ですが、いわゆるブレブレのパドブレの正式名称は、

pas de bourree couru(パ・ド・ブレ・クリュ)   又は、   pas de bourree suivi(パ・ド・ブレ・スイヴィ)

と言うそうです。
couru は走る、suivi は後に従う、という意味のようです。

簡単なようで、正しく、美しく、パドブレをするのはとても難しいです。

瀕死の白鳥



ミルタ



ライモンダ




パ・ド・シスのエスメラルダ(7分10秒位からの場面)




鷹揚の精



細かく、床をすべるような、真珠の粒が連なるような美しいパドブレ(これはDVDでロパートキナがパドブレを形容していた言葉で、それを拝借。)
そんなパドブレが出来たらいいですね。

先日の入門ポワントでパドブレの練習をしました。

少し緩めた後ろの脚で前の脚を押し出すようにして、前の脚は押し出されることで進み、後ろの脚は前の脚を押し出してそれから床をすべるようにして進む… 

イライラするくらい進みませんが、ポワントの中で足の指を使う感覚がよくわかります。
シンプルなパだけに、スタジオを一往復する間に色々な事が頭を駆け巡ります。

筋肉のアンドゥオール
くるぶしの引き上げ
呼吸
細くて高い軸・・・

シンプルなようでとても奥が深いパ・ド・ブレです

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
レッスン前後のストレッチ&トレーニング
レッスン前後のストレッチ&トレーニング レッスン前後に色々なストレッチやトレーニングを見掛けます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/08 08:58
バレエ用語 〜アラベスクの4つのパターン〜
バレエ用語 〜アラベスクの4つのパターン〜 先日愛ちゃんが、レッスンの帰り道の雑談の中で ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/06 09:00
オーディションからこけら落とし公演〜新国立劇場バレエ〜
レッスン仲間に教えて貰ったドキュメンタリーです。 新国立劇場バレエ団設立当時のオーディションの模様から1997年の新国立劇場杮落し公演までのドキュメンタリーです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 21:01
マルキタンカ(Маркитантка)
マルキタンカ(Маркитантка) マルキタンカ(Маркитантка) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:07
2018年都民芸術フェスティバル「ライモンダ」
2018年都民芸術フェスティバル「ライモンダ」 2018都民芸術フェスティバル参加公演「ライモンダ」に、ゲスト講師のテーラー麻衣先生、N. Otani ballet company の山内綾香さん、アプロンの西山貴大さん、市之瀬哉斗さんが出演されます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 00:02
ポワント周辺情報 〜トゥパッド、リボン〜
ポワント周辺情報 〜トゥパッド、リボン〜 4月の発表会に向けて、スタジオが少しずつリハーサルモードになってきました。 リハーサルが始まるとポワントを履く頻度が高まるので、少しでも足を労わるように、トゥパッド選びやポワントを履く際の足のケアなどにも気を遣うようになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 23:25
バレエ 〜ローレンシア〜
バレエ 〜ローレンシア〜 チェコのカンパニーで踊る紫乃ちゃんから頂いたお正月のメッセージの中にあった、ローレンシアのバリエーション 初めて聞いた作品なので調べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 12:38
ストレッチをする時に知っておきたいこと 〜筋肉の仕組み〜
身体の柔らかさは人によって本当に千差万別 そして前にはいくけど後ろにはいかない、アラベスクは上がるけどドゥバンに上がらない、とか柔らかさ、或いは硬さも色々です。そして筋肉の質も様々です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 21:39
エアバー Air Barre
エアバー、ご存知ですか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 00:02
純代先生が語る 〜アダージオの世界〜 
純代先生が語る 〜アダージオの世界〜  最近、中上級クラスやフリークラスのポワントレッスンの日は、後半はアダージオの練習をすることがよくあります 宴会などではまず ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 19:59
モーリスベジャールバレエ団来日公演
モーリスベジャールバレエ団来日公演 スタジオ入口にも大きくポスターが掲載してありますモーリスベジャールバレエ団来日公演 いよいよ今週末から始まります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 17:43
白鳥の湖 〜日本初演時の舞台美術を再現〜
白鳥の湖 〜日本初演時の舞台美術を再現〜 2017〜2018秋冬のバレエ公演の情報の中にとても興味深い公演を見つけました 2018年3月に行なわれる、東京シティ・バレエ団の「白鳥の湖」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 12:40
音をつかまえる 〜アレグロのコツ〜
小気味良く、音に乗って軽快にアレグロが出来たら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 12:18
テーピング 〜芸術家のくすり箱〜
テーピング 〜芸術家のくすり箱〜 勉強会に向けてリハーサルや自習などで身体を酷使する時期、頼りになるものの一つがテーピングです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 23:05
バレエの謎に迫る 〜ライモンダ第3幕 ライモンダのバリエーション〜
バレエについてちょっと疑問に思ったことなどを書き留めてみたいと思います ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 12:22
ストレッチの仕組み
ストレッチをすると身体が柔らかくなる、と当たり前のように思っていますが、そもそもなぜストレッチをすると身体が柔らかくなるのか?という疑問がわき、整体の先生に伺ってみました。 (以下、handkraft 藤原先生にご協力を頂きました...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 12:36
股関節と骨盤
股関節と骨盤 最近、大谷先生のクラスのレッスンの初めに6番ポジションで股関節を動かすトレーニングを行っています。 股関節を前後、左右、内旋・外旋させます。 レッスン初めのトレーニングでは骨盤を傾けたりしないで、股関節だけを動かす練習、股関節周囲の筋肉の力を抜いて股関節を動かすトレーニングです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/29 08:59
センターレッスンの並び方を考える
センターレッスンの並び方を考える センターレッスンで時々並び方に戸惑うことがあります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 12:59
やっぱり美しい白鳥の湖
先日、ボリショイバレエ団の白鳥の湖を見てきました 見慣れているマリインスキー版とは全然違っていて、改めて版によって全然違うんだなぁと実感しました。 クラシックバレエの代名詞のような作品で、今更アプロフトに記事を書く必要もあるのかどうか迷いましたが、知らないことも沢山ありそうなので、その歴史などについて少し調べてみました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 12:39
入門ポワントクラスレポート
入門ポワントクラスレポート 6月から新たに始まった第2週目月曜日夜の基礎クラス後の入門ポワントクラスの様子をご紹介致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 12:39
1978年ボリショイバレエ公演のプログラム
1978年ボリショイバレエ公演のプログラム 以前 angelpieさんが記事にして下さっている1960年レニングラードバレエプログラム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 22:35
レッスンで役立つバレエ用語 〜間違い易いポイント〜
バレエ用語は星の数ほどあって全てを覚えるのは難しいですが、レッスンで繰返し出てくるバレエ用語は是非覚えておきたいです。 今回は基礎クラスのレッスンでよく出てくる、そしてアンシェヌマンを出される時に注意して聞いておかないと間違い易いポイントに出てくるバレエ用語を集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 12:27
こどものためのバレエ公演
こどものためのバレエ公演 子供のために企画されたバレエ公演のお知らせです 子供にもわかりやすく工夫されている公演です。チケットも控えめなお値段で、親子で楽しんでもお財布に優しい設定になっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 12:43
出来ない原因を探ってみると
出来ない原因を探ってみると 誰も期待していないかもしれませんが、落ち着いているときにレッスンを振り返る2回目です 今回は自分自身がレッスンで感じたことです。 大して参考にはなりませんが、少しだけお付き合いください ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 12:35
先生のイメージの伝え方いろいろ
先生のイメージの伝え方いろいろ 衣裳室の壁にこんな素敵なばらの絵が掛けられている事をご存知しょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 18:48
ライモンダのアダージオ
発表会のリハーサルが進む中で、密かに練習が続けられていた作品があります。 純代先生と土方先生のライモンダのアダージオです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 21:35
上達のヒント 〜まずは大きく動いて音についていく〜
上達のヒント 〜まずは大きく動いて音についていく〜 発表会も終わって、スタジオも通常レッスンに戻りました ゴールデンウィークでお仕事がお休み、という方も沢山いらっしゃると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 12:55
仙腸関節ってどんなもの?
仙腸関節ってどんなもの? 最近レッスンで良く耳にする言葉が 仙腸関節 ちょっと調べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 13:05
絵を描ける人 〜大人のバレエレッスンの長所と苦悩〜
絵を描ける人 〜大人のバレエレッスンの長所と苦悩〜 少し前になりますが、大谷先生がレッスン中の先生のアドバイスの受け止め方についてお話しされるのを伺っていて、改めて色々考えることがありましたので、一緒に考える機会になればと思い取り上げてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/12 10:22
スペインの踊りとバレエの関係 〜スペインの踊りコレクション〜
全幕のバレエにはよくスペインの踊りが出てきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/29 10:39
ロマンティック・チュチュとクラシック・チュチュ
ロマンティック・チュチュとクラシック・チュチュ 発表会に向けてスタジオで衣裳合わせが行われています。 素敵な衣裳を見るとやっぱり気持ちが揚がりますよね 衣裳はその大半がロマンティック・チュチュやクラシック・チュチュです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 18:06
せむしの仔馬 〜海と真珠、フレスコの生まれ故郷〜
せむしの仔馬 〜海と真珠、フレスコの生まれ故郷〜 バレエせむしの仔馬より「海と真珠」や「フレスコ」などいくつかの小品が知られていますが、全幕の中でどのような場面なのかあまり知られていません。 せむしの仔馬自体が全幕で上演される機会が日本ではあまり無いので、どんな作品なのか調べてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 12:35
バレエ用語の基礎知識 〜方向〜
バレエ用語の基礎知識 〜方向〜 レッスン中に、「エカルテドゥバンに脚を出して」と先生に指示されて、それはクロワゼ!それはエファセ!とやってみるもの全てハズレで残念な結果になる場面が時々あります ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/24 13:06
パキータにはバリエーションがいくつある!?
パキータのグラン・パ・クラシックの中のソリストのバリエーションには沢山の種類があります。 これはパキータが上演されてきた歴史の中にその理由があるようです ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/16 00:37
引っ張り合い 〜考えてレッスンすること〜
引っ張り合い 〜考えてレッスンすること〜 レッスンで出来なかった事や、教えて頂いたことを、レッスン後に練習したり復習したりすることがあります。 先日、フリークラス後に3,4人で練習していたら、美々先生が色々と細かく教えてくださいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/18 00:20
Progressing Ballet Technique 〜バランスボールを使ったエクササイズ〜
スタジオにあるバランスボール Progressing Ballet Technique という、主にバランスボールを使って行うトレーニングを大谷先生からご紹介頂いたので、アプロフトで改めてご紹介致します  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/01 22:05
あれから1年 〜中等科〜
あれから1年 〜中等科〜 昨年中等科クラスに進級してポワントを初めて履いた生徒たち。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 01:00
バレエシューズの中
バレエシューズの中 先日基礎クラスのレッスンで、バレエシューズの中の足の指の使い方について詳しく教えて頂きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/17 17:23
美人をつくるストレッチ
美人をつくるストレッチ 元N. Otani ballet company の津下香織先生と、N. Otani ballet company の津下麻里亜先生が監修されたストレッチの本が出版されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 11:00
クラスのご紹介 〜古村先生の中上級クラス〜
クラスのご紹介 〜古村先生の中上級クラス〜 木曜日の19:30から古村先生の中上級クラスがあります。 このクラスの出席者はとても幅広く、老若男女の幅広い方が受講しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/08 12:10
クラスのご紹介 〜純代先生の基礎クラス〜
今回は、土曜日午前中の基礎クラスのご紹介です。 講師は、N. Otani ballet company の築島純代先生です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 10:14
発表会のお知らせ
来年4月の発表会に向けてのお知らせが配布されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 09:24
舞台につながるレッスン 〜火曜日の基礎クラス〜
火曜日の20:30から城先生の基礎クラスがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 12:24
ガルグイヤード
バレエには沢山のパがあって、中にはレッスンで練習したり、舞台で目にする機会の少ないパもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 13:02
バレエ道場 〜日曜日の初中級クラス〜
今回は日曜日午後の初中級クラスをご紹介致します。 ポワントレッスンも行うクラスです。 講師はみつる先生です。 いつもクラスを受講しているあづみさんにお話を伺いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 17:26
バレエクリスマスのリハーサル風景
クリスマスなんてまだ遠い先のように感じますが、アプロンでは12月末に日本バレエ協会主催で開催される公演 バレエクリスマス のリハーサルが着々と進んでいます。 出演するのは高等科、中等科、児童科の生徒たちと西山君です ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/25 12:29
クラスのご紹介 〜勝又先生の初中級クラス〜
クラスをご紹介するシリーズ。今回は金曜日夜の初中級クラスです。 先生はゲスト講師の勝又智恵子先生です。 毎週受講しているひなちゃんにお話を伺いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 12:31
大谷先生のフリークラス
クラスをご紹介するシリーズ、今回は大谷先生のフリークラスです N. Otani ballet companyの石橋美々さんにお話しを伺いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 09:17
フロアバーのあるクラス 〜金曜日の成人初心者クラス〜
クラスをご紹介するシリーズ、今回は金曜日午前中の成人初心者クラスをご紹介致します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/18 13:00
クラスの紹介 〜月曜日の基礎クラス〜
先日土曜日の基礎クラスに出席している方数名で、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/12 12:54
四羽の白鳥のトリビア
先日の勉強会終了後に仲間内で写真撮影をしている際に四羽の白鳥のように手をつないで写真を撮ろうとして、手のつなぎ方で一瞬となりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/16 17:11
勉強会の演目のご紹介 〜作品解説〜
勉強会まで後少しになりました。 勉強会では参加者自身が自分の踊りたい演目を自由に選んでいます。 せっかくなので、今回はそれぞれの演目について各出演者に紹介をして頂きました(一部、アプロフト担当者が記載した演目もあります。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/04 00:08
真夏の夜の夢とワルプルギスの夜
残暑お見舞い申しあげます。 立秋を過ぎたとはいえ連日暑いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 12:37
オニール八菜さんのTV出演
夏本番の暑さの毎日ですね! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/04 18:57
高等科のポワントレッスンと勉強会のリハ風景
この日の高等科クラスはポワントレッスンでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/03 12:25
バレエ関連番組の放送予定 7月31日(日)深夜
バレエ関連番組のテレビ放送予定です。 8月1日(月)午前0時20分(7月31日深夜)からNHK BS プレミアムにて、オランダ国立バレエ公演 マタ・ハリ ニュー・アドベンチャーズ公演マシュー・ボーンのバレエ 眠りの森の美女 が放送される予定です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/27 12:54
パ・ド・カトルと勉強会
この絵(版画)をご存知でしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 12:30
先生のアドバイス色々 〜ピルエットとアントルシャ・カトル〜
夏本番なはずのこの時期になって本格的な梅雨のような憂鬱なお天気が続いていますね。 憂鬱な気持ちを吹き飛ばすためにレッスンに出席して撃沈してさらに憂鬱になることもありますが、レッスン中に先生の色々なアドバイスについてそうなんだなぁ〜と改めて考える事がありましたので、やや個人のブログ風になってしまいますが、ご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/22 12:23
夏休みにバレエに親しもう!
子ども達はもうすぐ夏休みですねー! 夏休みに合わせて、バレエに親しむための企画がいくつかありますのでご紹介致します ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 12:34
バレエの舞台ができるまで
新国立劇場のHPに ON LINE TOUR バレエのつくりかた というページがあります。 バレエの舞台ができるまでを時系列で細かく、動画やインタビューを交えて紹介しています。 こちらのサイトです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 12:24
身体はこんなに柔らかくなる
元N.Otani Ballet Company 団員の伊集院霞さんが指導された、「人は24時間でどこまで体が柔らかくなるか?に挑戦」という企画。 身体の硬い男性記者が霞さんの指導を受けて24時間後どれ位身体が柔らかくなっているか、before/after でレポートしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/08 22:03
レッスン着再考
蒸し暑い季節になってきました。レッスンでは汗だくになりますね。 季節によってレッスン着に気を配ることは色々違ってきます。 レッスンやリハーサルで気をつけたいレッスン着について改めて考えてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/06 12:33
海外夏のバレエ公演事情
もうすぐ夏休みシーズンですね。 お休みを利用して海外旅行にお出かけの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 来日公演等で馴染のある海外オペラハウスのバレエ団を中心に、7〜9月のバレエ公演事情を調べてみました。夏はバレエのシーズンオフのため、7月後半〜9月前半はどこのオペラハウスもあまり公演がありませんが、9月後半になると来シーズンが開幕するようです。 そして、マリインスキーバレエ団の公演数と内容が圧巻です 3ヶ月でクラシックバレエのほぼ全演目を網羅する勢いなので、マリインスキーだけ10... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/26 18:54
コンクールの練習風景 2016 Vol.2
コンクールに向けて練習する様子をご紹介致します。 高等科の百萌さんもコンクールに向けて練習をしています。 演目は、白鳥の湖第1幕王子の友人のパ・ド・トロワより第1バリエーションです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/15 08:48
趣向を凝らしたバレエ公演 2016夏
夏に向けて、企画もののバレエ公演が多数予定されています。 バレエ団による全幕公演とはまた違って、色々なバレエ団のソリストを一挙に見ることが出来たり、ガラ公演でもその切り口に特徴があったり、1つの公演でクラシックとコンテンポラリーを見ることが出来たり、小さいお子様でも楽しめるように演出されていたり、趣向を凝らしたバレエ公演が沢山あります 全幕公演ほど敷居が高くなく、少しお祭り気分で、ご家族やあまりバレエに馴染がない友人をお誘いしても一緒に楽しめるように思います。 いくつかご紹介したいと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/27 12:16
映画館でバレエ鑑賞
ここ数年、映画館でのバレエ公演上映が盛んです。バレエ公演のチケットよりお財布に優しいので、気軽に大画面で楽しめます公演のシーズンには劇場からのライブ上映などもありますが、今回は録画された映像で、ボリショイ・バレエとパリ・オペラ座バレエの映画館上映のご紹介です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/23 13:06
ダイアナとアクティオンのトリビア
今年2月にご紹介したダイアナとアクティオン。 その後、新たな事を知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/21 07:58
日本初の舞踏靴
ふとしたきっかけで、銀座の靴のお店ヨシノヤさんがかつてポワントを作っていたことを知りました (もしバレエ界の常識でしたら無知で申し訳ありません ) 銀座ヨシノヤさんのHPの「銀座ヨシノヤの歴史」にも確かに書いてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 13:09
チェケッティのパ・ドゥ・シャ 〜バレエ用語〜
リハーサルを見学していて「チェケッティのパ・ドゥ・シャ」という言葉が出てきて、あ、これってそういう名前が付いてるんだ、と改めて認識しました。白鳥の湖の小さい四羽の白鳥に出てくる、空中で両脚で菱形を作るパ・ドゥ・シャです。(所謂普通のパ・ドゥ・シャ。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/26 12:38
楽屋のオキテ
発表会や公演などで必ず使用する楽屋。 私たちが使用する楽屋は複数の人で利用することが殆どですね。年齢もキャリアも色々な人が一緒に使用するので、一般常識が必要なことはもちろん、バレエ界での暗黙のオキテのようなものもあり、知っておくにこしたことはありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/12 12:42
バレエの舞台用語
先日中等科の生徒さん同士で「なんで朝じゃないのに、おはようございます、ってあいさつするんだろうね〜」っていう会話をしているのを耳にしました。 確かに普段の生活では「おはようございます」は朝だけですが、バレエに限らず舞台関係の世界では朝でも昼でも夜でもその日初めて会った人には「おはようございます。」と挨拶します。 舞台関係では時間が不規則で、必ずしも朝から一日が始まるとは限らないためにこのような習慣があるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 12:16
最強!バレエダンサー
つい最近ネットのニュースで知ったのですが、バレエダンサーの平衡感覚は器械体操の選手を上回るそうです。ニュースはこちら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 12:17
ボリショイバレエ学校留学記 〜山内綾香さん〜
コンクール入賞の副賞としてロシアバレエ留学をされていた N. Otani ballet company の山内綾香さんが帰国しました。モスクワのボリショイバレエ学校での貴重な体験を語って下さいましたので写真と共にご紹介致します ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/27 12:33
バレエ作品の舞台となった国A 〜イタリア〜
ドイツ編に引き続き、今回はイタリア編です。 ロミオとジュリエットの舞台はイタリア北部の都市ヴェローナ。物語の舞台となった14世紀の北イタリアでは、教皇派と皇帝派に分かれて熾烈な争いがあり、それがキャピュレット家とモンタギュー家両家の争いとして描かれています。ヴェローナには「ジュリエットの家」があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 12:40
勉強会前の準備
勉強会が近づいて来て、リハーサルも佳境を迎えています。 昨夜はフィナーレの第1回目のリハーサルがありました フィナーレのリハーサルの模様は改めてご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/07 08:57
筋肉や骨について知る 〜本のご紹介〜
レッスンで良く耳にする筋肉や骨の名前がありますが、実際にどこにあるどんな筋肉や骨かご存知ですか?良くご存知の方もいらっしゃると思いますが、何となく知っているような、知らないような....という方も多いのではないかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/20 18:29
バレエ検定のすゝめ
今年も来る8月23日(日)にバレエ検定が行なわれます バレエに関する正しい知識の普及のために日本バレエ協会の主催で2013年に始まったバレエ検定も今年で3回目になります。 アプロンでも振付や指導をして下さっているバレエ協会理事の江藤勝己先生からメッセージを頂きましたのでご紹介致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/29 17:20
エリック・サティとバレエ・リュス
渋谷のBunkamuraで「エリック・サティとその時代展」が開かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/17 12:29
こどものためのバレエ鑑賞
夏休みに向けて、子供のためのバレエ公演が沢山企画されていますのでご紹介致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/02 13:15
海外でバレエ鑑賞
夏休みの計画を立てる時期になってきましたね!お休みを利用して海外旅行に出かける方もいらっしゃると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 12:58
23日祝日& 29日、30日年末レッスン
23(火祝) 20:30-22:00 基礎 城 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/23 00:39
BAILANDO CON PAPA
今人気の動画。楽しそうです ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/26 10:41
11月後半の代行情報&5週目レッスン
18日(火) 11:00-12:30 フリー    テーラー→勝又 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/18 11:39
10月の5週目&祝日レッスン
今月の5週目&祝日レッスンです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 09:27
ゴムリーナ人形
最近レッスンに来た方はご存じのこちらの人形。 ‘ゴムリーナ’と命名されたそうです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/11 10:24

トップへ | みんなの「バレエ」ブログ

アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜 バレエのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる