アクセスカウンタ

アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜

プロフィール

ブログ名
アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜
ブログ紹介
ようこそ、大谷哲章バレエスタジオアプロンの屋根裏へ!
このブログには、お休みや代講の情報、緊急のお知らせなどを掲載しています。
屋根裏のねずみが小耳にはさんだプチ情報も載せちゃいます。
zoom RSS

憧れの作品を踊りませんか?

2019/05/24 06:14
発表会や勉強会でアプロンの衣裳を手にする度に撮りためてきた衣裳の写真。
こちらで折に触れてご紹介してきましたが、今回は総集編、既出の写真も併せてご紹介致します。

白鳥の湖第2幕「湖畔の場」の白鳥たちの衣裳。

画像


2004年の発表会で作製されました。
西川先生のオデット姫と奥田先生のジークフリート王子。清野先生のロットバルト。
大きな四羽の白鳥と小さな四羽の白鳥。24羽の白鳥たち。
総勢35名の作品でした。

羽を取ると真っ白なシンプルなクラシックチュチュになりますので、その後も、パガニーニのバイオリンコンチェルト、シンデレラの星の精たち、エチュード、勉強会のフィナーレなど様々な作品で活躍している衣裳です。

画像


海賊のメドーラ。

画像


薄く透けて見える水色が、「海賊」の舞台、地中海の海を思い起こさせます。
画像


パキータのソリストの衣裳。

画像


画像


ソリストの衣裳は紫、青緑、薄緑、黄色、ピンクの5色。

画像


パ・ド・トロワは濃い赤。
コリフェ、第1カドリーユ、第2カドリーユは役柄毎に少しずつ色の異なる茶系のグラデーション。
そしてエトワールはオフホワイト。
ゴブラン織りのようなボディ、微妙な色合い。とても豪華な衣裳です。

シンデレラ。
女子憧れのお姫様の衣裳です。

画像


ドン・キホーテキトリの友人。
青、赤、黄色の3色。
タイシルクのようなボディの生地に、レースのようなチュチュのボンでとても華やかな衣裳です。

画像



ラ・バヤデール2幕のガムザッティ。

画像


エキゾチックな雰囲気で、ゴージャスです。
2010年の発表会でラ・バヤデール第2幕上演の際に作製されました。
忘れもしない4月だというのに本番当日は雪でした。

オーロラ姫の衣裳は、The姫。

画像


ライモンダ第3幕のライモンダの衣裳。
画像


絢爛豪華。
こちらはライモンダのティアラ。
画像

とても繊細で華奢な作りのティアラで、ライモンダの人物像を表現したような印象です。

2種類のサタネラ。
キュートな衣裳と悪魔度高めの衣裳。

画像


画像


くるみ割り人形の花のワルツのソリストのチュチュ。
紗がかかったような微妙な色合いの胸飾りが夢の国の衣裳にピッタリな印象です。

画像




こちらではご紹介し切れませんが、アプロンにはまだまだ沢山の素敵な衣裳があります。
令嬢
葦笛
エスメラルダ
抱擁
ラ・フィーユ・マル・ガルデ
ジゼル1幕
フレスコ
オダリスク
ギュリナーラ
フロリナ姫…
キュートなもの、エキゾチックなもの、シックなもの、衣裳室ではキラキラした宝石のような衣裳が出番を待っています。

勉強会の参加募集が始まりました。
今年の本番は9月15日です。
憧れの衣裳で憧れの作品を踊ってみませんか?

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエ関連番組の放送予定 5月19日(日)

2019/05/15 12:36
バレエ関連番組の放送予定です。
5月19日(日)にNHKで2つのバレエ番組が放送される予定です。

5月19日(日)NHK Eテレ「クラシック音楽館」 21:00〜23:30 
https://www4.nhk.or.jp/ongakukan/x/2019-05-19/31/2705/2039090/

NHKバレエの饗宴2019

出演
東京バレエ団
カリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレ
C/Ompany
東京シティ・バレエ団
牧阿佐美バレヱ団

NHK HPより

日本を代表するバレエ団やダンサーが一同に会する「NHKバレエの饗宴」。クラシックからコンテンポラリーまで、バレエ芸術の魅力が詰まった、年に一度限りの“夢のステージ”です。国内のトップバレエ団がそれぞれの人気演目を上演するほか、海外で活躍中の日本人ダンサーが魅惑のテクニックを披露。現代的な感覚に笑いのエッセンスを盛り込んだ意欲作も発表されました。見ごたえのある、多彩なラインナップをお楽しみください。

「セレナーデ」
チャイコフスキー:作曲
(出演)東京バレエ団
(33分30秒)

「“ロメオとジュリエット”からバルコニーのパ・ド・ドゥ」
プロコフィエフ:作曲
(出演)カリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレ
(10分10秒)

「bolero/忘れろ」
ラヴェル:作曲
(出演)C/Ompany(大植真太郎、辻本知彦)
(25分20秒)

「Octet」
メンデルスゾーン:作曲
(出演)東京シティ・バレエ団
(34分40秒)

「“ドン・キホーテ”第3幕」
ミンクス:作曲
(出演)牧阿佐美バレヱ団
(26分20秒)

「“眠りの森の美女”からワルツ」
チャイコフスキー:作曲
(出演)東京バレエ団、カリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレ、C/Ompany(大植真太郎、辻本知彦)、東京シティ・バレエ団、牧阿佐美バレヱ団
(2分15秒)

〜2019年4月6日 NHKホール〜



5月20日(月)【5月19日(日)深夜】 NHK BSプレミアム 「プレミアムシアター」 午前0時00分〜午前4時10分

https://www4.nhk.or.jp/premium/

マリインスキー・バレエ「ライモンダ」(全3幕)  (0:03:00〜2:12:00)

音楽:アレクサンドル・グラズノフ
振付:マリウス・プティパ
改訂振付:コンスタンチン・セルゲイエフ

<出 演>
ライモンダ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
ジャン・ド・ブリエンヌ(ライモンダの婚約者):ザンダー・パリッシュ
アブデラフマン(サラセンの王子):コンスタンチン・ズヴェレフ ほか
マリインスキー劇場バレエ団

<管弦楽>マリインスキー劇場管弦楽団
<指 揮>ワレリー・ゲルギエフ

収録:2018年5月26日 マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)

オランダ国立バレエ「マタ・ハリ」(全2幕)  【再放送】(2:14:00〜4:10:00)
音楽:タリク・オリーガン
振付:テッド・ブランセン

<出 演>
マタ・ハリ/マルガレータ:アンナ・ツィガンコーワ
ルドルフ・マクラウド(マタ・ハリの夫):ケーシー・ハード
キーペルト中尉(ドイツの軍人):ヨセフ・ヴァルガ
ワディム・ド・マスロフ(ロシア人将校):アルトゥール・シェステリコフ
シヴァ神:チェ・ヨンギュ ほか
オランダ国立バレエ団
オランダ国立バレエ学校

<管弦楽>オランダ・バレエ管弦楽団
<指 揮>マシュー・ロウ

収録:2016年2月23日 ミュージックシアター(アムステルダム)

バレエ関連番組の放送予定はこちらのサイトを参照して掲載しています。
アプロフトに掲載し切れない場合もありますので、ご参考までに

http://sideballet.com/info/tv.php

画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月16日の代行のお知らせ

2019/05/08 20:51
5月16日(木)の代行のお知らせです。

17:00-18:30 中等科クラス 
19:30-21:00 中上級クラス 
ともに、古村先生→津下(麻)先生

よろしくお願いします。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ご来場ありがとうございました

2019/05/08 15:04
大変遅くなりましたが、バレエスタジオアプロン第21回発表会はお蔭様をもちまして無事に終了致しました

ご来場くださいましたお客様

ご指導くださいました先生方

舞台を作ってくださいました先生方

衣裳の先生方

裏方を担当して下さいましたご父兄、お母様方、今回発表会に出演されなかった方々

皆様に出演者一同深く感謝しております

有難うございました


画像


この写真の衣裳は、本番1週間前に仮縫いでしたが発表会前々日には素敵な衣裳が出来上がっていて、抱擁一同びっくり
髪は、ギリシア風をイメージして試行錯誤の結果です。

画像



本番の舞台裏では思わぬハプニングが発生したこともありましたが、おかげさまで無事に幕を下ろすことができました。

長かった今年のゴールデンウィークも終わり、アプロンも通常のレッスンに戻りました。

次の舞台に向けて

コンクールに向けて

より美しいバレエを目指して

美容と健康のために

目的は色々ですが、レッスンに励んでいきたいです

これからもN.Otani ballet companyとアプロンを、そしてアプロフトをどうぞ宜しくお願い致します

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエ関連番組の放送予定 4月28日(日)

2019/04/26 13:22
バレエ関連番組のテレビ放送予定です。
4月28日にバレエ関連番組の放送が予定されています。

4月28日(日) 午後11時00分 NHK BS1
BS1スペシャル「ローザンヌでつかんだ未来〜バレエダンサー 須弥奈と美桜〜」

https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-04-28/11/21495/2225677/

番組HPより。

世界の若手バレエダンサーが挑む「ローザンヌ国際バレエコンクール」。このコンクールで上位に入れば、世界の有名バレエ団から誘いが来る可能性が高い。今年は日本人が大活躍、3人が入賞した。NHKでは、見事3位となった佐々木須弥奈さんと8位の住山美桜さんにコンクールが始まる前から密着取材をしていた。佐々木さんと住山さんはいかにして栄光をつかんだのか。ともに18歳となる2人の挑戦を、舞台裏から見つめる。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第21回発表会は4月29日です

2019/04/26 12:23
いよいよ4月29日(月)は本番です。
大谷哲章バレエスタジオアプロン第21回発表会の詳細です

日時:4月29日(月)17:00開場・17:30開演
場所:かめありリリオホール(JR常磐線各駅停車亀有駅前)

<出演>
ゲスト:松田耕平(牧阿佐美バレエ団)
友情出演:市之瀬哉斗(NBAバレエ団)
       フルラージュ・ド・バレエ
賛助出演:N. Otani ballet company
大谷哲章バレエスタジオアプロン
横浜チャコットカルチャーセンター大谷先生クラス受講生


第1部 17:30-18:20
1-1 舞踏会へ行こう(横浜チャコット&アプロン / 大谷先生振付)
1-2 海賊 Act.1より奴隷のグラン・パ・ド・ドゥ
1-3 葦笛の踊り(フルラージュ)
1-4 眠れる森の美女よりお小姓の踊り(フルラージュ)
1-5 海と真珠より真珠のVa.(フルラージュ)
1-6 Tango(古村先生振付)
1-7 Spring(中等科 / 古村先生振付)
1-8 眠れる森の美女 Act.3よりフロリナ姫と青い鳥のグラン・パ・ド・ドゥ

<休憩15分

第2部 18:35-19:45
2-1 抱擁(大谷先生振付)
2-2 過ぎ去りし年(大谷先生振付)
2-3 眠れる森の美女 Act.3より宝石の踊り(高等科 / 勝又先生改訂振付)
2-4 ゼンヅァーノの花祭りより(佐々木先生改訂振付)
2-5 ガボット(ベビー科 / 城先生振付)
2-6 白鳥の湖Act.1よりパ・ド・トロワ (児童科 / 城先生改訂振付)
2-7 眠れる森の美女よりリラの精のVa. (中等科)
2-8 アレルキナーダよりコロンビーヌのVa.(中等科)
2-9 コッペリアよりスワニルダのVa.(中等科)
2-10 タリスマンよりグラン・パ・ド・ドゥ

<休憩15分

第3部 白鳥の湖第3幕 20:00 – 20:55
3-1 オープニング
3-2 道化とお小姓の踊り(中等科&児童科)
3-3 ナポリの踊り(児童科&ベビー科)
3-4 マズルカ
3-5 ルースカヤ(高等科)
3-6 パ・ド・シス
3-7 スペインの踊り
3-9 黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ

演目名は印刷プログラム記載と異なる場合もありますが、ご了承ください。

本番の舞台を多くのお客様にご覧頂けましたら幸甚です
皆様のご来場をお待ちしております

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


奇跡の1ショット

2019/04/22 12:40
昨日は、白鳥の湖第3幕の大人の出演者も交えてリハーサルがありました。

撮影:前田さん

画像


貴族の衣裳に身を包んだ弥鶴先生。ゴージャス

画像


画像


そして親子競演の模様が見られました。
これは奇跡の1ショット
バリエーションを踊るママ。
左端で頭を抱えているのは息子のSくん。

画像


ママが踊り始めると、「あ〜〜〜」という感じで頭を抱えました。
その一部始終を目撃していたは吹きそうになりました。

ママはとても華麗にジャンプをしていたのですが、Sくんとしてはもっと跳んで欲しかったみたいです。

画像


自由な感情表現が光るSくん。
かなりの自由人らしく、昨日も寝落ち…
大物です

画像


そんなリハーサル裏話もありながら、昨日もみんな一生懸命にリハーサルに励みました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


衣裳の先生もいらっしゃって、頭飾りのつけ方を教えて下さったり、衣裳を細かくチェックして下さったり。

画像


画像


画像


発表会に向けて、先生方や舞台関係の先生方、衣裳の先生方をはじめ、APSの方やアプロンの方も細かい準備に時間を割いて、陰で舞台を支えて下さいます
リハーサルの写真を撮影して下さっているのは保護者のお1人で、その一部をこちらでご紹介させて頂いています。

ルースカヤの3人の雰囲気がとても素敵な1枚

画像


白鳥3幕のご紹介ばかりになっていますが、他の演目もみんな必死でリハーサル中。
アプロンは目下セブンイレブン並みの時間で営業中です。
いえ、午後11時を回って終電まで練習している方も。

泣いても笑っても本番まであと1週間。
体調管理に気をつけて全員で無事に本番を迎えて、素敵な舞台をお客様に見て頂きたいです


画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リハーサルも大詰めです Vol.2

2019/04/21 08:16
こちらはベビー科さんと児童科さんのリハーサル。

撮影 : 前田さん
画像


画像


画像


画像


児童科さんのパドトロワも練習を積んでいます。

画像


画像


画像


画像


画像


熱く、優しく、冷静に指導して下さる先生方。

画像


画像


画像


大人の演目ももちろんリハーサルに励んでいます。

撮影 : Koremoriさん

画像



大人も子供もみんなもっと美しく、もっとダイナミックに、もっと素敵に。
最後まで全力で練習に励んでいます。

4月29日(月・祝)バレエスタジオアプロン第21回発表会
会場:かめありリリオホール(JR亀有駅前)
開場:17時
開演:17時30分
第1部:17時30分〜18時20分(予定)
第2部;18時35分〜19時45分(予定)
第3部;20時〜20時55分(予定)

皆様のお越しをお待ちしています

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リハーサルも大詰めです Vol.1

2019/04/19 17:36
発表会まであと10日
リハーサルも大詰めです。
先日は、白鳥の湖第3幕に出演するベビー科・児童科・中等科・高等科のリハーサルが行われました。
衣裳を着て、本番さながらのリハーサルです。

写真撮影: 前田さん
画像


道化

画像


お小姓さんたち

画像


画像



可愛いナポリのソリスト

画像


画像


ベビーさんがコール・ド・バレエについているのでお姉さん達は責任重大です。

画像


画像


ベビーさんは幕物初挑戦

画像


画像


画像


画像


幕物は長いので、お昼寝しちゃうことも…

画像


大人可愛いルースカヤ

画像


画像


画像


画像

大人は衣裳を着ると緊張しがちですが、子供たちは衣裳を着ると気持ちが揚がるみたいですね。

王妃役の城先生

画像


こちらは王子代役の大谷先生と王妃役の城先生の演技のお手本

画像


オディール役の綾香先生。
2年前の発表会眠れる森の美女では、やはり城先生の王妃で16歳のオーロラ姫役を演じましたが、今回は悪役オディールで「悪い子に育っちゃった。」と一言。

画像


次回発表会で白鳥の湖を上演する際には、この子供たちの中からオディールやジークフリート王子を演じるダンサーが育っているかもしれません

画像


画像


画像



是非多くの方に本番の舞台を見て頂きたいと思います。
皆様のお越しをお待ちしています

4月29日(月・祝)バレエスタジオアプロン第21回発表会
会場:かめありリリオホール(JR亀有駅前)
開場:17時
開演:17時30分
第1部:17時30分〜18時20分(予定)
第2部;18時35分〜19時45分(予定)
第3部;20時〜20時55分(予定)

画像






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエ関連番組の放送予定 4月21日(日)深夜

2019/04/18 17:24
バレエ関連番組のテレビ放送予定です。

4月22日(月)【4月21日(日)深夜】午前0時00分〜午前4時15分、NHK BSプレミアムでバレエ公演が放送されます。

パリ・オペラ座 創立350年記念ガラ公演(0:03:30〜2:22:00)
<演 目>
バレエ「椿姫」第1幕から(音楽:ショパン/振付・演出:ノイマイヤー)
歌劇「ウェルテル」から オシアンの歌「春風よ なぜ私をめざますのか」(マスネ作曲)
バレエ「ル・パルク」第2幕から(音楽:モーツァルト/振付:プレルジョカージュ)
歌劇「マノン」から 「わたしはいけない女でした」(マスネ作曲)
歌劇「ドン・カルロス」から 「今日がわたしの臨終の日」(ヴェルディ作曲) ほか

<出 演>
ソーニャ・ヨンチェヴァ(ソプラノ)
ブライアン・イーメル(テノール)
リュドヴィク・テジエ(バリトン)
レオノール・ボラック
エレオノーラ・アバニャート
アマンディーヌ・アルビッソン
マチュー・ガニオ
ステファン・ビュリョン(以上 パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
フロリアン・マニュネ(パリ・オペラ座バレエ団プルミエ・ダンスール)

<管弦楽>パリ・オペラ座管弦楽団
<指 揮>ダン・エッティンガー

収録:2018年12月30・31日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)


マリインスキー・バレエ
「ジゼル」【再放送】(2:22:00〜4:15:00)
<演 目>
バレエ「ジゼル」(全2幕)
音楽:アドルフ・アダン
振付:ジャン・コラリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ

<出 演>
ジゼル:ディアナ・ヴィシニョーワ
アルブレヒト:マチュー・ガニオ
ハンス:イーゴリ・コルプ
ミルタ(精霊ウィリの女王):エカテリーナ・イワンニコワ ほか
マリインスキー劇場バレエ団

<管弦楽>マリインスキー劇場管弦楽団
<指 揮>ワレリー・オブジャニコフ

収録:2016年7月11・13日 マリインスキー劇場(ロシア)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バレエのマイムと音楽

2019/04/17 13:02
白鳥の湖第3幕のリハーサルでは、踊りだけではなくマイムの練習も進んでいます。

画像


ご存知のとおりバレエでは言葉ではなく全てマイムで表現するのでとても重要です。

嬉しい
悲しい
驚き
怒り

など全てマイムで表現するのはとても難しいですね。
チャコットのサイトを参考に基本的なマイムについてご説明したいと思います。

私:片方の手のひらを胸に持ってくる

あなた:手のひらを上にして差し出す

愛している:心臓を両手で包むように

誓う:片手は胸へ、片手は人差し指と中指をそろえて天へ差し出す
これは今回王子がオディールに永遠の愛を誓う時に使うマイムです。

結婚:左手を差し出し、右手で左薬指を指さす

呪う:こぶしを作った両手を顔の前でクロスし、下へ押しつけるように振り下ろす

No :顔を背けながら相手を突き放すように、手のひらを押し出す。

画像


踊りましょう:頭の上で両手をくるくると回す。

そしてマイムの間に流れている音楽
オディールとロットバルトの登場の時に流れる音楽は、湖畔の場と同じ「情景」の旋律ですが激しく雷鳴が轟くような印象で、これから何かが起こることを予感させますね。
そしてオディールと王子のグラン・パ・ド・ドゥの後で王子がオディールに永遠の愛を誓うシーンとその後の音楽もとてもドラマティックです。

白鳥の湖の湖畔の場でオデットと王子の出会いの場面でオデットが自分の身の上を語る場面や
白鳥たちが出てきて、オデットが王子にどうぞ私達を撃たないでくださいと懇願する場面も
マイムと音楽で展開されます。
せつなく美しい音楽とマイムですね。

マイムは普段のレッスンでは練習しないのでとても難しいですが、せっかく勉強する機会ですので、全幕の映像などを見て研究してマイムまでもしっかりと演じたいですね

撮影:前田さん

画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月14日の代講のお知らせ(変更あり!)

2019/04/11 08:52
4月14日(日)の代講のお知らせです。

15:30 - 17:30 初中級クラス  松縄先生 → 松山

津下先生のご都合により、急遽松山の代講になります。

宜しくお願い致します。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リハーサルの形

2019/04/10 13:07
本番まで2週間あまりになりました
新年度や新学期も重なり、心身ともに疲労のピークの時期でもありますが、キラキラした本番を目指して乗り切りたいです。

こちらは高等科のリハーサル

撮影&レポート:koremariさん
画像


画像



目線や表情なども細かく指示を受けながら、声も出せない位疲れながらも容赦なく、では最初から!と何度も練習を繰り返していました。


画像



本番は緊張も加わるので身体が覚えるまで繰返し練習することが重要ですね。
それでも舞台で練習どおりに踊るのは難しいのは多くの方が経験していることだと思います。

本当に泣いても笑ってもあと2週間と少し。
もっと練習しておけば良かった、と悔いが残らないよう、体調には充分留意しながら練習したいですね

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リハーサル進行中 Vol.3

2019/04/09 08:51
子供たちもリハーサルに励んでいます。
こちらは先日少しお話ししたパ・ド・トロワ

女の子のバリエーション

画像


男の子のダイナミックなジャンプ

画像


アダージオ、バリエーション、コーダと踊るのは体力も必要なのでとても大変ですが、みんな一生懸命練習を重ねています

こちらはベビークラスのリハーサル

画像


みんな綺麗に並んでいますね

画像


画像


道化役は責任重大なので先生方の指導にも力がこもります

画像


子供たちも一生懸命リハーサルに励んでいます
どうぞ本番を楽しみにしていてください

画像


写真撮影:mimi先生 & koremariさん



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タンゴ Tango

2019/04/08 12:43
発表会で毎年話題の古村先生の作品
今年の大人クラスの作品はTango です。
タンゴの曲に載せたとても魅惑的な作品です

ところでタンゴってどんなものなのでしょう?
この機会にタンゴの世界をのぞいてみましょう。

タンゴは19世紀、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで移民たちによって生まれ、発展した音楽です。
当時のブエノスアイレスはヨーロッパから沢山の移民を受け入れていました。港近くのラ・ボカ地区は船乗り、労働者、移民などが夜な夜な集まる安酒場や娼館が立ち並んでいました。
彼らが世の中の憂さを晴らすために踊り歌っていた音楽が、タンゴの原型でした。
そこで演奏されていたのはヨーロッパで大流行したポルカやワルツ、地元の音楽であるミロンガやアフリカがルーツのカンドンベ、キューバで流行したハバネラ。
それらが渾然一体となって発生した音楽が、「タンゴ」と呼ばれるようになっていったようです。

演奏される楽器もタンゴの変遷・発展と共に変化してきていきました。
初期はバイオリン、ギター、フルートのトリオで演奏されていました。その後タンゴの演奏に大きな変革をもたらしたのは、19世紀の終わりにドイツの楽器バンドネオンが取り入れられたことです。バンドネオンは一躍タンゴ演奏の花形楽器となりました。
バンドネオンは見た目がアコーディオンにとても良く似た形態の楽器です。

画像


その後、オルケスタ・ティピカと言われる楽器編成がタンゴの標準的な演奏形態となりました。同数のバイオリンとバンドネオン、コントラバス1台、ピアノ1台を中核とする楽器編成です。

今回発表会で使用される音楽はこのオルケスタ・ティピカで演奏されています。
リハーサル初期はバンドネオンのみによる演奏の曲を使用していましたが、途中でオルケスタ・ティピカの演奏による曲と聴き比べて、より華やかさを感じさせるこちらを使用することに決まったようです。

そしてタンゴの踊りは、初期には男性のソロであったものが、男性2人のダンスとなり、その後男女のカップルで踊るようになったそうです。
非常に行動的な男性の動きと、一見受け身な女性の動きが対照的で、男性が女性を支配している事がタンゴの踊りの特徴だそうです。

今回の発表会では女性のみで踊りますが、その振りではエアー(架空)の男性の存在を感じさせるところがあり、踊り手に演技力が要求されます。素敵な男性の幻影を感じさせる事ができるかどうか、そんなところも今回のTangoの見所かもしれません。

2月にNHKの番組、らららクラシックでタンゴの特集がありました。その時の番組HPを読むとタンゴについてよくわかりますので、さらにご興味のある方はご覧下さい。

https://www.nhk.or.jp/lalala/archive190215.html

今回の発表会の中でちょっとスパイシーな演目、Tango。
大人っぽくカッコいい古村先生ワールドを是非ご堪能ください

撮影:mizueさん
画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パ・ド・トロワ

2019/04/06 22:56
今回の発表会では、とっても可愛いパ・ド・トロワが上演されます
そのお衣裳をパ・ド・トロワを踊る生徒さんのお母様がクッキーで表現して下さいました

画像


繊細なレースや胸のキラキラ
なんて素敵なんでしょう
お母様は毎年お嬢様のお衣裳をモデルにしたクッキーを焼いていらっしゃいます。

画像


画像


どれも本物の衣裳みたいです

本当にとっても可愛いパ・ド・トロワなので、皆さま是非本番を楽しみにしていてください

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


抱擁

2019/04/04 12:34
この絵をご存知の方は多いと思います。

画像


クリムトの抱擁

どんな場面を描いた作品なのか、見る人の解釈や想像力によって色々な世界が思い描かれます

お詫び: 勘違いで違う絵画を掲載してしまっていました。修正してお詫び致します。

今年の発表会ではこの絵を彷彿とさせる場面から始まる作品「抱擁」が上演されます。

画像


音楽はスペインの作曲家イザーク・アルベニズのピアノコンチェルト第1番。
とてもドラマティックでロマンティックな音楽です
この曲について調べていたら、まるで韓流ドラマを見ているようなドラマティックな曲、という解説を見つけました。思わずなるほどと思う方も沢山いらっしゃいますね、きっと。

折り良く、クリムトを含むウィーン世紀末絵画の展覧会が4月24日から乃木坂の国立新美術館で開催されます。

https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

「抱擁」は展示されませんが、クリムトの作品で同じく男女を描いた「愛」が展示されます。

画像


今年の発表会では、

舞踏会へ行こう
Tango
Spring
過ぎ去りし年
(以上、上演順)

など創作作品もたくさん上演されます。
既成のクラシック作品と違ってお手本が無い難しさもありますが、それだけに先入観もない自由さもあります。
創作作品は、振付の先生の思い描く世界を汲み取りながら、自分の解釈も加えて作品を作っていく楽しさがありますね。
どの作品も現在必死でリハーサル中です。
どうぞお楽しみに

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新年度スタート

2019/04/01 12:56
東京では桜が満開ですね
昨日は発表会の照明下見が行われました。
先日ご紹介できなかったタリスマンの写真です

画像


画像


そして今日から新年度
アプロンから羽ばたいて新しい環境でスタートを切る方が何名かいらっしゃいます。

いつもはんなりとした雰囲気をまとって、美しい踊りを見せてくれていたゆみちゃん
故郷で新しいスタートを切ります。
見た目とはうらはらに、お酒を飲ませたら右にでる者はいないという酒豪でもありました

画像


時折天然全開のところを見せて周囲を驚かせていたカナト君夢への1歩を踏み出します。
バレエクリスマスに出演したり、ポワントクラスではみんなのアダージオの練習相手をしてくれたり、大きな存在感がありました(4月29日の発表会には出演されます。)

画像


お2人の新しい環境でのますますのご活躍を応援したいですね
(お2人の新しい写真が無くて古い写真ですみません。)

フレッシュな気持ちになれる季節
新しいことを始めるのに良い季節ですね

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タリスマンのグラン・パ・ド・ドゥ

2019/03/29 13:15
来月の発表会で上演されるタリスマンについて調べている時に、たまたまYoutubeで昔のアニメ「魔法使いサリー」の第1話を見ました。

魔法使いサリーは凄く古いアニメですが再放送が繰り返されていたので昭和世代くらいまではご存知かもしれません。
ストーリーをお話すると、魔法の国の王女サリーは人間の世界を見てみたい、と地球にやってきます。サリーちゃんのパパである王様は娘を心配してガードマン役に召使いカブを一緒に送り込みます。
サリーちゃんは小学校5年生という設定で、小学校に通い、人間の生活を送る中で色々な事件が起こる、というのが大まかなお話です。
サリーちゃんの仲良しの友達が、すみれちゃんとよしこちゃん
すみれちゃんはお嬢様で美少女、よしこちゃんは庶民的な女の子。
サリーちゃんのパパはビジュアルにインパクトがあるので、今でも時々何かと喩えに出てきますので、その存在を知っておくと何かと便利かもしれません。
こんな人です。

画像


魔法使いサリーについてご興味のある方は、Youtubeで第1話(サリーちゃんが魔法の国から地球にやってくる話)が見られますのでご覧下さい。

https://youtu.be/riTgc9VUuOg

タリスマンに話は戻りますが、ストーリーの始まりは魔法使いサリーと似ていて、天界の女王の娘ニリチが、修行のために人間の世界に送り込まれます。娘を心配した女王はお守りタリスマンを持たせ、風の神ヴァイユをお供につけます。そして、タリスマンを無くしてしまうと天界に戻ってこられなくなる、と告げます。そして、人間に恋をしてはいけない、人間に恋をすると戻って来られなくなるとも告げ、送り出します。
下界であるインドに降り立ったニリチはタリスマンを無くしてしまい、ニリチに一目ぼれしたインドの藩主ヌレディンに拾われます。
ニリチに一目ぼれしたヌレディンはタリスマンを返して欲しいと懇願するニリチの願いを退けます。
ヴァイユに助けられながらニリチはタリスマンを取り戻すチャンスもありましたが、紆余曲折あった末に人間界に留まる事を選び天界に戻る事はなく、タリスマンだけが天界に戻っていきます

タリスマンはプティパ振付、ドリゴ作曲により1889年に初演された4幕からなる全幕バレエですが、グラン・パ・ド・ドゥは全幕の中の踊りではなく、1955年にPyotr Gusevによって作られた作品です。
音楽は主に全幕タリスマンから引用されていますが、男性バリエーションはファラオの娘の第2幕の曲、女性バリエーションはプティパ振付のバレエ「真珠」からブラックパールの踊りの曲です。
アントレ:タリスマンプロローグより
アダージオ:タリスマン第4幕より
男性バリエーション:バレエ「ファラオの娘」第2幕より
女性バリエーション:バレエ「真珠」よりブラックパールの踊り
コーダ:タリスマン第1幕より

*バレエ「真珠」はマリウス・プティパ振付、ドリゴ作曲による1幕のバレエ。
一部のバリエーションはワガノワバレエアカデミーの学年末公演で現在も踊られているようです。

過去何度か発表会で上演された演目、今年の発表会で再び上演します。
残念ながらまだリハーサルを拝見したことがないので、タリスマンの写真がなくさん撮影の写真を拝借いたしました

画像


みなさま、是非お楽しみに




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


海賊より奴隷のグラン・パ・ド・ドゥ

2019/03/28 12:54
海賊の物語は以前こちらでもご紹介したことがあります
https://aplomb.at.webry.info/201602/article_9.html

その時はメドーラ、コンラッド、アリによるグラン・パ・ド・ドゥをご紹介致しました。
今回は来月の発表会で上演される海賊の中でもう一つ有名なギュリナーラとランデゲムによる奴隷のグラン・パ・ド・ドゥについてご紹介したいと思います。

まずは海賊の物語の主な登場人物たちをご紹介します。

メドーラ:ギリシャの娘。コンラッドの恋人
ギュリナーラ:ギリシャの娘。メドーラの友人。
コンラッド:海賊の首領
アリ:コンラッドの忠臣
ランデゲム:奴隷商人
パシャ:トルコの総督
登場人物の関係が難解なのですが、NBSのサイトにとても分かり易い人物相関図がありました。こちらです。
(出典:NBS HP)

画像


難破してギリシャの海岸に流れ着いた海賊達。
それを見つけたギリシャの娘達、メドーラやギュリナーラは海賊達を助けます。そこにトルコ軍が乱入し、メドーラやギュリナーラは捕らえられて奴隷商人ランデゲムに売り飛ばされ、奴隷市場に連れて行かれます。
美しいギリシャの娘ギュリナーラは奴隷市場に売りに出されています。
奴隷商人ランデゲムは薄絹で顔を覆われたギュリナーラを市場の客に披露するように客の前に引き出して布を取り去り彼女の美しさをアピールします。
この場面を表現したのが、奴隷のグラン・パ・ド・ドゥです。
奴隷として売りに出されておびえて、嫌がる、そして自分の運命をちょっと悲観したような美しいギュリナーラ
野蛮な悪徳商人ランデゲム
その対照的な人物像もアダージオの中で表現されていきます。

先日のリハーサルでは過酷なリフトが綺麗に決まって拍手が沸き起こっていました
皆様是非ご期待ください

画像


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

アプロフト 〜バレエスタジオアプロンの屋根裏〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる