スケートをする人々(アシュトン版)

アプロン発表会でも何度か上演したことのある演目ですが

2014年も「スケートをする人々」をやることになりました。


今回は、フレデリック・アシュトンが1937年に振付した

「アシュトン版」ということです。


この作品の原題は「Les Patineurs」。

数人のカップルのグループと、

白い恋人達、

スピードスケートの花形のような男性

ブルーボーイと、くるくるとよく回るブルーガールの2人。

そしてお嬢様のような雰囲気の2人の少女。


そんな登場人物が入れ替わり立ち替わり、

スケート場で楽しく滑っている様子。


観ているのも楽しいですが、踊るのも楽しいという

経験者の言葉に、わくわくします。


お稽古ではあまりやらないような足の運び

がたくさん出てくるので最初は戸惑いそうです。


楽しんで踊れば、きっとそれがお客様にも

届きますね。


それぞれに課題はあると思いますが、

みんなで良い作品にしていきましょう~~



by angelpie

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック