レ・シルフィード

2014年の発表会の幕ものは

「レ・シルフィード」です。

ときどき、「レ」と「ラ」がどっちがどっち~?

となる人いませんか?


両方とも妖精なので、

「ストーリーのない方」とか呼んだりします。
(私だけ?)

初演は1908年。

マリンスキー劇場にて。

ミハイル・フォーキン振り付けで、ロシアでは

「ショピニアーナ」と呼ばれています。



音楽はフレデリック・ショパン。

詩人が森の中で、空気の妖精と踊っている

幻想的なシーンです。

ノクターン、ワルツ、プレリュードと

2つのマズルカからなっていて、特に筋書きは

ありません。

画像




そうそう、中でも「プレリュード」は「太田胃散」のCMで

ずっと使われていたこともあり、耳になじみがある人も

多いというか・・・この曲が流れるときっと

みんな心の中で

「ありがとう。いい薬です。」

とか思うのでしょうか??


今日はあえてこんな動画を・・・


http://youtu.be/wi3T0mohGys

太田胃散


http://youtu.be/rFk54kxg6ns

華麗なる大円舞曲

指の運びをみていると、バレエもピアノもすごいなぁ・・・

とぽーっとしてしまいますね。






by angelpie

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック