3/26(木)・27(金)・28(土) 一部休講のお知らせ(3/27更新)

東京都の外出自粛要請を鑑み、3/26(木)・27(金)・28(土)は一部クラスを除き休講となります。

3/26(木)
中等科クラス 休講 

3/27(金)
ヨガクラス 休講
成人初心者クラス 休講
高等科クラス 休講
初中級クラス 休講

3/28(土)
基礎クラス(津下麻里亜先生) 通常通り開講
ベビークラス 休講
児童科クラス 休講
初中級クラス(大谷先生)通常通り開講

尚、3/29(日)は通常クラスは全て休講です。


よろしくお願い申し上げます。

アプロンの近況

昨日はバヤデールの初めての全体練習でした。
入場から始まって、
オウムの踊り
レッドチュチュ1
壺の踊り
アントレ
アダージオ
レッドチュチュ2
ソロルのバリエーション
ガムザッティのバリエーション
コーダ
ニキヤのバリエーション

初めて全体像が見えました。
自分の役柄の意味や全体の中での役割などもわかると、踊りにも生かせますね。
本番まであと1ケ月。
怪我や健康に留意して練習していきたいです。

スタジオでは感染対策をしながら、レッスンとリハーサルを行っています。
一人一人の感染予防対策が、ご自身はもちろん周囲の方を守ることにつながります。

こちらはパピヨンのグラン・パ・ド・ドゥのリハーサルの後に抜きで返している時の映像です。
大変色々勉強になる映像でしたので、ご紹介させて頂きました。


ラ・バヤデール再演

今年の発表会の演目の一つはラ・バヤデールの婚約の場です。

10年前の発表会でも上演されました。
本番は4月だというのに雪の日でした。

本番の様子などは、10年前のアプロフトに詳しくレポートされていますのでご覧ください。
https://aplomb.at.webry.info/201004/article_7.html?1582791631
https://aplomb.at.webry.info/201004/article_8.html?1582791962

ガムザッティ vs ニキヤの睨み合い、そして和解。

ガムザッティ.jpg

ガムザッティ2.jpg

楽屋の照明で暖をとる2人。
https://aplomb.at.webry.info/201004/article_9.html?1582791813

ふじまり3.jpg

寒い日だったのですが、4月ということで楽屋にはもう暖房が入らなかったんです。

当時のアプロフトにバヤデールのリハーサルの様子が沢山記事になっていましたので、いくつかリンクを貼ってみました。
懐かしい顔がたくさん。
そしてみんな若い。ふふ…

https://aplomb.at.webry.info/201003/article_13.html?1582792186
https://aplomb.at.webry.info/201003/article_15.html?1582792312
https://aplomb.at.webry.info/201003/article_6.html?1582792479

さて、前置きが長くなりましたが本題のラ・バヤデールについてご紹介したいと思います。
まずは、登場人物の相関図。(NBSのサイトよりお借りしました。)

バヤデール相関図.png

振付はプティパ、作曲はミンクスで、バレエ作品の黄金のコンビによって作られた作品です。
初演は1877年です。

舞台は古代の南インド。
因みに作品がつくられた当時は東洋のエキゾチシズムがヨーロッパで流行していて、それも舞台設定に多少影響しているようです。

登場人物
ニキヤ:寺院に仕える美しい舞姫
ソロル:勇敢な武人。ニキヤの恋人。
ガムザッティ:ドゥグマンダ(ラジャ)の娘。
ドゥグマンダ(ラジャ):王。勇士ソロルに娘ガムザッティとの結婚を命じる。
大僧正:寺院の長。ニキヤに横恋慕している。ソロルを邪魔者と思っている。

第一幕
苦行僧が火の祭りの準備をして、火の祭りが始まり、バヤデールたちが出てきて舞を舞います。
大僧正はニキヤが居ない、と呼びに行かせます。ヴェールをかぶったニキヤが現れ、大僧正は聖なる舞を舞うことを命じます。
大僧正はその美しさに魅せられます。



ニキヤの舞の後、大僧正は聖職者としての地位も忘れてニキヤに求愛しますが拒絶されます。
祭りが一段落し、バヤデールたちが苦行僧たちに水を与えた後、寺院の中へと消えます。

苦行僧からソロルとの逢引きを伝えられていたニキヤは再び寺院から出てきて、ソロルへの気持ちを表すかのように1人踊ります。
そこにソロルが現れ、2人は幸福感にあふれたパ・ド・ドゥを踊ります。



そこに大僧正が通りかかり、物陰に身を隠して2人の様子を見て、激しい嫉妬心を抱きます。
そして密かにソロルへの復讐を誓います。

第一幕第二場(ラジャの宮殿)
ラジャは娘のガムザッティに勇敢な兵士ソロルと結婚することを言い渡します。
ソロルの肖像画に胸をときめかせるガムザッティと、美しいガムザッティに心を奪われるソロル。
大僧正はソロルを陥れようとラジャにソロルとニキヤの関係を密告しますが、ラジャは大僧正の目論見とは裏腹に、ニキヤの抹殺を企てます。
そしてソロルとニキヤの関係をガムザッティは聞いてしまいます。

ニキヤに会ったガムザッティはその美しさに驚きます。ニキヤにソロルを諦めるよう説得しようとしますが、ニキヤはそれを拒みます。
そしてニキヤは短剣でガムザッテッィにつかみかかろうとします。(この場面は美女2人の戦いの場面です。)
あわや、というところでニキヤはアイヤに取り押さえられ、ガムザッティはニキヤは死ぬわ、と言い捨てます。



第一幕第三場(婚約の宴)(この場面を第2幕とする場合もあります。以降、影の王国を第3幕、寺院崩壊第4幕となります。)
ガムザッティとソロルの婚約の宴が繰り広げられ、お祝いの踊りが始まります。



この場面の踊りは版によって省かれたり、加えられたり色々です。
前回のアプロンの発表会では、
オウムの踊り
ベールの踊り
太鼓の踊り
パ・ダクシオン
 レッド
 ガムザッティ&ソロルとグリーンのアントレ&アダージオ
 レッド
 ソロルのVa.
 ガムザッティのVa.
コーダ

という構成でした。

お祝いの踊りが終わると、ラジャはニキヤを呼び舞を披露するよう命じます。
ガムザッティと並んで座るソロルを見て、ニキヤは悲しみを全身で現わして踊ります。
途中でアイヤがソロル様からです、と花かごを渡します。
ソロルはまだ自分を思ってくれていると信じ、花かごから花を取り出して自分の気持ちを伝えようとするニキヤ。
実はその花かごにはラジャの命令(ガムザッティの命令、と説明しているものもありました)によって毒蛇が忍び込ませてありました。花かごから毒蛇が飛び出しニキヤを噛みます。
事態を予測していた大僧正は「自分の愛を受け入れるなら」と解毒剤を差し出しますが、ニキヤはそれを拒み息絶えます。


 
第二幕 影の王国 
ニキヤを失ったソロルは後悔と悲しみからアヘンにおぼれ、幻覚を見ます。
そしてソロルの幻覚、影の王国の場面へとつながります。



ヒマラヤの山から下りてくる32人の精霊たち。
とても美しいバレエブランです。
音楽もとても清らかで美しいです。
ニキヤも現れ、ソロルとパ・ド・ドゥを踊ります。

バヤデールはこの影の王国で終わるバージョンと、その後寺院崩壊まで描かれているバージョンの2通りがあります。

ところで、影の王国はアプロンの発表会でいかにも上演されていそうな場面ですが、実は一度も上演されたことはありません。
その理由の一つはエカルテドゥバンに脚を上げるシーンが揃いそうにないから、だそうです。
32人全員が同じ高さに、同じ角度に脚を上げてキープする。
昨年上演された「抱擁」に似た場面がありましたが、7人でもなかなか揃わず…そしてグラグラ…
舞台で脚を上げてキープするのはとても難しいんです。
凄くあおられるんです。
実はスタジオでは壁や鏡、天井が近いのでそれらに凄く支えられています。
照明下見などで広いスタジオで踊るとなかなかバランスが取れない経験はどなたもあると思います。
その原因の一つは空間の広さと天井の高さにもあると思います。
頼りになるのは自分の体幹だけです。

第三幕 寺院
この場面はマリインスキーやパリオペラ座の版にはありません。
新国立劇場や英国ロイヤルの版には存在します。
寺院ではガムザッティとソロルの結婚式が執り行われようとしています。すると突然仏像が動き出します。これはニキヤとの愛を火に誓ったソロルがその誓いを破ってガムザッティと結婚することへの神の怒りを示しています。

有名な黄金像の踊り(ブロンズアイドル(銅像)の踊りとも呼ばれます)は、第一幕の婚約の宴の場面でお祝いの踊りの一部として披露されている版もあります。

(岩田守弘さんの黄金像の踊りです。)


ラジャの命令により結婚式が続行し、大僧正の前でガムザッティとソロルが跪くと雷鳴がとどろき、寺院が崩壊します。
聖なる火への誓いを破った罰が下ったのです。
ガムザッティ、ソロル、ラジャ、大僧正をはじめ一同は瓦礫の下に埋もれてしまいます。
ニキヤはソロルの魂を救い、天国へと旅立っていきます。

第3幕が無いもの、第3幕まで描いたもの、どちらが好きかは好みの分かれるところですね。
 
今年の発表会では、ガムザッティとソロルの婚約の宴の場面が上演される予定です。
リハーサルも進んでいます。
初代ガムザッティから二代目ガムザッティへ、丁寧に引き継ぎがされています

バヤ3.jpg

バヤ4.jpg

ベビーから大人までアプロン総出で踊ります。
どうぞ皆様応援よろしくお願い致します

 
 

3月の休日クラス 5週目&祝日レッスン

休日クラス 5週目&祝日レッスンです
31日(火)7:15-8:15 ヨガクラス KAYA先生
31日(火)20:30-22:00 基礎クラス 城先生

発表会出演者およびスタッフのみバーレッスン
20日(金・祝)11:00-11:45
29日(日)11:30-12:15

3月は
土曜日フリークラス→休講
日曜日10:00~→中・高等科合同レッスン
となります


発表会の練習が本格的になってきました。体調に気を付けて頑張りましょう
パピヨン.jpg


3月の土曜基礎クラス

3月の土曜基礎クラス担当予定です🌸

7日→石橋 美々
14日→小川 恵
21日→山内 綾香
28日→津下 麻里亜


2/29(土)は久々に築島純代先生の5週目クラスもありますね♪

バレンタイン

今日はバレンタインデー
最近は友チョコや自分チョコなども。
愛があふれる素敵な行事です。

中等科女子の友チョコ交換風景です。

バレンタイン1.jpg

お菓子を作ってきてみんなで交換。

バレンタイン2.jpg

ラッピングもとても可愛いですね。
そして写真から、撮影された古村先生の中等科への愛も伝わってきます

バレンタインにぴったりなバレエ映像を考えてみたのですが思い浮かばなくて、ネットで検索してみると以前新国立劇場バレエ団でバレンタインバレエという公演が行われていたことを知りました。
その時の演目は、
テーマとバリエーション
ドン・キホーテ3幕のグラン・パ・ド・ドゥ
黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
タランテラ
など…

ドン・キホーテ、黒鳥、タランテラ。
いずれもタイプが違うペアですね。
アプロンでもファンが多いタランテラ。
こんな作品です。



タランテラとは対極にあるようなアダージオの映像も併せてご紹介。
ノイマイヤーのアダージェットです。
有名なベジャールのアダージェットと音楽は同じですが、全く別の作品です。



皆さま素敵なバレンタインデーをお過ごしください

踊り続けたい! ~リハーサル始動~

先日の純代先生のラストレッスン、アプロンの生徒や卒業生が全員集合したような賑わいでした。
純代先生の、バレエは続けます、という言葉を伺って安心した方も沢山いらっしゃると思います。

純代先生.jpg

N. Otani ballet companyとアプロンをいつも支えて下さる存在の一つに賛助会があります。
カンパニーとアプロンを応援して下さっている方が会員になって下さっています。
会員の皆様に1年に1回お届けしているのが賛助会報。
2019年も年末に発行されました。

今回の特集は勉強会。

勉強会の演目人気ランキング
人気演目を過去踊った方のコメント
衣裳についてのコメント

様々な記事が盛りだくさんで掲載されていました。

それぞれの記事にはダンサーの思いが綴られていました。

編集後記にもありましたが、中でも一番印象に残ったのはお2人の方が、怪我などでクラシックバレエを思うように踊れなかった時にコンテンポラリーバレエを踊ることでとても救われました、という内容のコメントをされていたことです。

踊れる状況がある限り踊り続けたい
そんな気持ち、ダンサー魂が伝わってきました。



スタジオは次第に発表会モードになりつつあります。
リハーサルも始まっています。
ゲストの先生方との緊張感のあるリハーサル

パピヨン2.jpg

バヤ1.jpg

老若男女混成チームとチームを率いる古村先生。

(スマホ不具合で顔に枠が入ってしまいましたが、せっかくの集合写真ですので掲載致しました。)
CE27ABE3-58C2-41E2-91B2-A19AAA02132C.jpeg

古村先生.jpg

まだまだ沢山の作品があります。

本番まで約3か月。
エンジン掛けて頑張りましょうー!

オウム1 (2).jpg

土曜基礎クラス担当教師変更のお知らせ

スタジオでもお知らせしておりますが、2020年1月より土曜基礎クラス(10:30〜12:00)の担当教師が変わりました。
N.Otani ballet companyの団員が週替わりで担当いたします。
  第1週→石橋 美々
  第2週→小川 恵
  第3週→山内 綾香
  第4週→津下 麻里亜

ただし、教師都合により変更となる場合がございますので、最新スケジュールをご確認頂きますようお願いいたします💕

【2月の担当教師】
1日→石橋 美々
8日→津下 麻里亜
15日→山内 綾香
22日→小川 恵

バレエ関連番組の放送予定 1/20(月) (1/19深夜)

バレエ関連番組のテレビ放送予定です。

NHK BS プレミアム
1月20日(月)【1月19日(日)深夜】午前0時00分~午前4時07分

初めにオペラの放送があり、午前2:28からバレエ公演が放送されます。

ミラノ・スカラ座2019/20開幕公演 歌劇「トスカ」(0:04:30~2:25:30)
<演 目>
歌劇「トスカ」(全3幕)
作曲:プッチーニ

<出 演>
トスカ:アンナ・ネトレプコ
カヴァラドッシ:フランチェスコ・メーリ
スカルピア男爵:ルカ・サルシ ほか

<合 唱>ミラノ・スカラ座合唱団
<管弦楽>ミラノ・スカラ座管弦楽団
<指 揮>リッカルド・シャイー
<演 出>ダヴィデ・リーベルモル

収録:2019年12月7日 ミラノ・スカラ座(イタリア)


オーストラリア・バレエ (2:28:00~4:07:00)
<演 目>
バレエ「メリー・ウィドー」(全3幕)
台本:ロバート・ヘルプマン、ロナルド・ハインド
振付:ロナルド・ハインド
音楽:フランツ・レハール
編曲:ジョン・ランチベリー

<出 演>
ハンナ・グラヴァリ:アンバー・スコット
ダニロ・ダニロヴィチ伯爵:アダム・ブル
ヴァランシエンヌ:リアン・ストイメノフ
カミーユ・ド・ロシヨン:アンドリュー・キリアン
ミルコ・ツェータ男爵:スティーヴン・ヒースコート
ニェーグシュ:デーヴィッド・マカリスター ほか
オーストラリア・バレエ団

<管弦楽>オペラ・オーストラリア交響楽団
<指 揮>ポール・マーフィー
<舞台美術・衣装>デズモンド・ヒーリー
<照 明>フランシス・クローゼ

収録:2018年5月9日 シドニー・オペラ・ハウス ジョーン・サザーランド劇場(オーストラリア)

1月の休日クラス 5週目&祝日レッスン

1月の5週目&祝日のレッスンのお知らせです

1月13日(月・祝)
 11:00– 12:30 ストレッチ&バレエクラス基礎 津下(麻)先生
1月30日(木) 
 11:00-12:30 フリークラス 大谷先生
1月31日(金)
 7:15– 8:15  ヨガクラス KAYA先生
1月31日(金)
 10:30– 12:00  成人初心者クラス 藤居先生 


1月11日(土)より4月まで、土曜日のフリークラスは、発表会のリハーサルのため休講となります。

1月13日(月・祝)城先生の児童クラスは開講します。

純代先生の特別クラス 大盛況のうちに終了しました

先日、ご案内をした築島純代先生の特別クラスは、多くの生徒の皆様にお集まりいただき楽しく終講しました。

先生からの「ではこれで終わります。お疲れ様でした。」の挨拶の後は、今までスタジオでは聞いたことのないくらい盛大な拍手が長く続き
大谷先生や生徒の有志一同から感謝の気持ちのお花やプレゼントが手渡されました。

「ありがとう!でも泣かないよー。まだ死ぬわけでもないしーw」と明るくお礼を言われた後、皆で記念撮影です。

純代先生のレッスンを受けようと、なんと、30人以上の生徒さんが集まりました!
特別クラス 2.jpg
普段はなかなか会えない人も来てくださいました。同窓会みたいな雰囲気です
特別クラス1.jpg
王子??に囲まれて。肩乗せも決まってますね
特別クラス 男性.jpg

長きに亘り土曜の基礎クラスを受け持っていただいたなかで、きっと体調が優れない日もあったかと思うのですが、ほとんど代行をたてることなくきちんとクラスを受け持っていただきました。いつも、基礎クラスのメンバーのことを思い、温かくご指導いただきありがとうございました。

後日談として
笑顔でクラスを終えられましたが、純代先生、生徒さんから感謝のメールをいただいて、涙が出てしまったそうです。

皆さんからの感謝の気持ちがいっぱいの特別クラスでした

築島純代先生の最終レッスン

アプロンの大人気クラスである「土曜日の朝の基礎クラス」を教えてくださっていた純代先生が、12月末でアプロンでの教えを終了されました。
上手な人も初心者の人も楽しくレッスンが受けられる素敵なクラスだったのでとても残念に思います。

いつも明るく優しいけれども、動き方や音のとり方をきちんと教えていただけるため、老若男女問わずファンの生徒さんも多くいらっしゃいました。後には引きずらないさっぱりとした教え方も人気の秘密だと思います
土曜の朝から「頭の体操w」と称して、複雑なアンシェヌマンが連発され、個人的には撃沈していましたが、「次回の宿題!」とやりっぱなしにしない丁寧さがとても魅力的で、本当に沢山の人に愛されていたクラスだと思います。

写真は、年末の最終クラスの際の写真です。
集合写真.jpg
王子?たちと一緒に。。。
男性と.jpg

年齢を重ねても誰よりも軽やかに踊られ、多くの人が教えの継続を望む中、「次の人に引き継ぐのも役割だと思う」と退任された純代先生。
今後もクラスレッスンを受講されるので、会えなくなってしまうわけではないのですが、純代先生クラスがなくなってしまうと思うと悲しいですね。本当にありがとうございました

そこで、年末忙しくてクラスに出られなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか
純代先生の最終レッスンが特別クラスとして1月4日(土)10:30~12:00 に開催されます。
皆様この機会に是非ご参加ください!
(特別クラスは当日 会員…2,500円  ビジター…3,500円となります)

海賊.jpg

今後の土曜日の基礎クラスは、カンパニーのソリストが週替わりで担当する予定です。
これからもよろしくお願いします。

おまけムービー
純代先生より、アダージオ練習時の動画をいただきました!
https://youtu.be/Q_BVelnBKyg
機種によっては見られないこともあります。その際はごめんなさい。
※純代先生が土方先生に掲載許可をいただいています。

あけましておめでとうございます

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、昨年の台風19号で被害に遭われました皆様には心よりお見舞い申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り大変ありがとうございました。
本年も、皆様がバレエを心から楽しめるよう努力してまいりますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。
 大谷哲章バレエスタジオアプロン

C64EE135-5D14-4257-BECB-3CF036BAA92D.jpeg

特別クラス→通常クラスのご連絡

先日、年末年始の特別クラスのご案内をご案内しましたが、明日の特別クラスは通常クラスに変更になります

2019年12月29日(日)
 11:00~12:30 初級クラス 大谷先生

今月のレッスン回数が消化できなかった方も、そうでない方も、踊り納めに是非いらしてください!
(既に受講料をお支払いの方は返金致します)

バレエクリスマスの本番終了致しました

昨日、バレエクリスマス公演の本番が終了致しました

妖精2 .jpg

ご指導下さいました先生方、有難うございました
当日ご覧下さいました皆さま、お忙しい中有難うございました
出演者を陰で支えて下さったご家族の皆様にも感謝の気持ちをお伝えしたいです

抱擁1.jpg

今年のアプロンの舞台はこれですべて終了致しました。
年明け早々には発表会のリハーサルも始まります。
バレエクリスマスに出演された方も、されなかった方も、
発表会に出演される方も、されない方も、
アプロンでバレエを学ぶすべての方が、また気持ちも新たにバレエに向き合える2020年になりますことをお祈りしたいと思います

皆さま良いお年をお迎えください

抱擁2.jpg

妖精3.jpg

妖精.jpg

12月26日:バレエクリスマス公演出演 & 代講レッスン

2019年も残すところあと1週間となりました。
N. Otani ballet company 及びバレエスタジオアプロンから、日本バレエ協会主催「バレエクリスマス」公演に出演致します。

バレエスタジオアプロン「妖精の森」(出演:高等科・中等科・児童科)(第1部の2番目 16:40過ぎ頃予定)

N. Otani ballet company 「抱擁」(出演:N. Otani ballet company、バレエスタジオアプロン大人)(第3部の4番目 19:30過ぎ頃予定)

また、木曜日の中等科クラスと中上級クラスを教えて下さっている古村典子先生主宰のノリコクラシックバレエスタジオNeigeさんも同じく26日に出演されます。(第2部の最後 18:30過ぎ頃予定)

日時:12月26日(木)16時30分開演
場所:JR川口駅前 川口リリアホール
チケット:2500円

年末のお忙しい時期ですが、多くの皆様にご覧頂ければ幸いです。

尚12月26日(木)、スタジオは通常どおりクラスを行いますが、代講となります。

https://aplomb.at.webry.info/201912/article_3.html

11:00 – 12:30 フリークラス 築島純代先生

19:30 – 21:00 初中級クラス 佐々木美緒先生

純代先生のクラスは音をとても大切にするクラスです。
音の取り方にいつも不安があるという方、是非一度純代先生のクラスを受講してみてください。
そしてとても楽しい!バレエの楽しさを教えてくださるクラスです。

そして久しぶりですので、佐々木美緒先生を少しご紹介致します。
美緒先生は以前アプロンで基礎クラスを担当されていて、発表会の振付などもされていました。現在、フリーで沢山の舞台に出演されています。
美緒先生の久しぶりのクラスです。

みなさまの受講をお待ちしております。

バレエクリスマス.jpg

12月26日(木)代講のお知らせ

12月26日(木)代講のお知らせです。

11:00 – 12:30 フリークラス 大谷先生 → 築島先生

19:30 – 21:00  初中級クラス 古村先生 → 佐々木美緒先生 
*26日のみこのクラスは初中級クラスになります。

いつもバレエを楽しませてくださる純代先生のレッスンと、以前アプロンで基礎クラスを担当されていた美緒先生の久しぶりのレッスンです。
アプロンではビジターでの受講も受け付けております。
年末のお忙しい時期、バレエのレッスンで是非心と身体をリフレッシュしてください。

純代先生.jpg

美緒2.jpg

余談ですが、今年のパリオペラ座ガルニエのクリスマスツリーは香り付きだそうです。
素敵ですね。
アプロンのクリスマスツリーに香りを付けるとしたらどんな香りでしょう?
バラの香りに包まれてレッスンなんて素敵です

(撮影:古村先生)
ツリー1.jpg

ツリー2.jpg