エンディング振付~清水梨央先生のご紹介~

勉強会本番まであとわずかになりました。シルバーウィーク返上で連日リハーサルが続いています。
今日は、フィナーレで宝塚レビュー風振付をして下さっている清水梨央先生をご紹介致します。

画像


清水梨央先生プロフィール
東京都出身。
幼いころよりバレエ・ピアノ・民謡などの芸事に親しむ。
高校時代よりプロの舞台人を目指し、ジャズダンス・声楽など
さらに本格的にレッスンを開始。東宝現代劇養成所にて研鑽を積む。
東宝現代劇在所中より、プロのダンサーとして活動開始。
1990年宮本亜門氏演出のミュージカル『アニーよ銃をとれ!』出演をきっかけに
歌の魅力に目覚め、シャンソニエのオーディションを受け合格。
その後、数多くのライブハウスに歌手として出演するかたわら
ミュージカル、レビューショー、テレビ、イベントなど幅広いステージで
ダンサー・舞台女優・振付師として活動。
2010年、自身で企画・構成・演出し内幸町ホールにて20周年記念リサイタル。
同時にCD『Un Monologue』をリリース。
また、SKDの流れを汲むレビューグループ『スタス』の公演に創立以来参加。
2012年には同グループが文化庁芸術祭優秀賞および松尾芸能賞研修助成賞を受賞。
現在もプロデュースライブやレビューのステージにて精力的に活動中。

画像


長く舞台の世界の第一線で活躍されている清水先生に直接振付指導して頂けるのはとても貴重な経験ですねリハーサルを重ねる度に段々なりきり男役、娘役になってきて、リハーサルもますます熱を帯びてきています 娘役には芸名を決めた方もいらっしゃいます。春風のどか、秋風ミナなどなど、どなたかわかりますか

めくるめく楽しいエンディングにみなさまご期待ください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック