テーマ:ダンスの解剖学

自律神経について

だんだん寒くなってきましたね。 今日は自律神経神経のお話を少し。 皆さん、何となく言葉は聞いたことがあるかと思います。 「交感神経」と「副交感神経」 陰陽でいえば、 ●陽 交感神経 昼間 興奮したり、元気で活動的な状態。 血流も良くなって血圧も上がります。 声も大きいです。 ●陰 副交感神経 夜 おと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンパマッサージ

今、生理学の勉強をしています。 解剖学とともに知っていくととても興味深いです。 リンパの話を少しだけ。 リンパって何? 心臓から送り出された新鮮な体液は動脈により全身をめぐり、 静脈を通して戻ってきますが、 その時に血管を通れなかったものがリンパで運ばれて行きます。 リンパの主な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外反母趾の予防と対策

外反母趾で悩んでいる方、バレリーナには 多いかも知れませんね。 足の親指が人差し指の方にひどく曲がっている外反母趾はダンサーに 限らず、爪先の細い、きつい靴をはき続けたりする人に見られます。 親指の付け根の骨が外に飛び出し、腫れて赤くなり、痛みを伴います。 原因は色々あるようですが、ポアントで立つ時に逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトラス

オリンポスの神々と戦って敗れ、 世界の西の端で天空を双肩で支える罰を科せられた ギリシャ神話の巨人神アトラス。 そんな形を連想するからなのか、 頸椎の一番上の骨をAtlas(アトラス)という。 アトラスの上で頭蓋骨は自由に動く。 首をかしげる、うつむく、見上げる・・・ バレエのエポーレも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more